東京事務所

事業部イベントの紹介!各部門PRタイム~IPO編~

~はじめてのIPO業務で特に記憶に残っていること~

はじめてのIPO課題調査で、ヒアリング、レポーティング、そして報告会での報告を任せていただきました。何とか取りまとめを終えて、稚拙になりながらも想いを込めて社長に報告をしたところ、最後に社長が「滝さんもありがとう。」と言ってくださったことを今でも鮮明に覚えています。クライアントへの業務提供という当たり前のことをしたなかで、感謝の気持ちを私の名前で述べていただけたことは、その後のIPO業務へのやりがいに繋がりました。

あるIPO準備会社が、上場時に東京証券取引所にて行われる「上場セレモニー」に、私たち監査チームもご招待くださいました。そこには、晴れて上場会社の一員となられた会社の方々の嬉しそうな姿がありました。また、時折テレビで目にする「円形の電光掲示板」、話にはよく出る「東証の鐘」を目の当たりにし、資本市場へ送り出すことへの責任を改めて痛感しました。同時に、その瞬間は、東京証券取引所も総出でクライアントをお祝いしており、上場することの凄さを再認識しました。

とある社長に、「上場して最も嬉しかったことは何か?」と聞いたところ、「優秀な人材が、向こうから当社に問い合わせをしてきてくれる」という回答でした。上場による資金調達も当然重要ではありますが、やはり会社は人で成り立っていること、そして、「上場しているか否か」で周りの見る目も大きく変わることから、改めて上場の重みを感じました。

~IPO業務の特徴~

読めば、「確かにそうだよな~」と思うかもしれませんが、やはりそれを直接、見聞きするとより鮮明に、印象に残ります。

一つとして同じクライアントはないので、それぞれドラマがあります。特にIPOを準備している会社は、成長や変化が激しいので、より様々な出来事に直面すると思います。また、IPO業務の場合、比較的少人数のチームで対応するため、そういった場面を早い年次から経験することができるという特徴もあります。

~IPOについて知ることのできる事業部イベントの紹介~

IPO業務の思い出や特徴から始まったこのブログですが、ご覧いただいている皆さまは、「IPOに興味がある」、「今まさに自分のやりたいことやファーストキャリアを考えている」という方々なのかな、と想像しています。

そのような、皆さまのファーストキャリアを考える上での後押しとなる、リクルートイベントのうち、今回は「IPOについて知ることのできる事業部イベント」の概要を、東日本第四事業部 シニアマネジャーの滝が紹介します。

皆さまは「IPO」と聞いて何を思い浮かべますか?「何となく楽しそう」ももちろん良いです。あるいはこのようなことをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

 ・最先端のビジネスに触れられる

 ・クライアントの成長を目の当たりにできる

 ・クライアントから感謝される

 ・指導的機能を発揮する機会が多い

どれも合っています。しかし、IPO業務の内容を理解した上で、上記のようなイメージと結び付けられると、より理解度が上がると思います。

トーマツでは、今までも、そしてこれからもIPOを事業戦略上の重要なテーマとして掲げています。

そして、今年はこのIPOの事業部イベントの内容をリニューアルしました。IPO業務の概要の説明から、トーマツが目指すIPOやIPO戦略についてをじっくりお伝えします。その後は、IPO業務に関与している社員・職員とのフリートークセッションがあるので、そこで、聞きたいこと、わからないことなどを色々聞いてみてください。

「IPO業務の概要、トーマツのIPO戦略について」の概要はこちら

「詳説!トーマツ監査(一般事業会社・商社)とIPO」の概要はこちら

これは、上場時から現在までトーマツが監査を担当しているクライアントの監査チームでの親睦会の写真です。

私たちと一緒に、これからのトーマツのIPOを創り上げましょう!

 

4法人東京事務所 リクルート協定

東京では大手監査法人間で採用活動における協定を締結しております。
接触可能期間をはじめ各種ルールを設けており、大手4法人は当協定を遵守し、活動してまいりますので東京での就職活動をご検討されている方は「こちら」をご一読ください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)