東京事務所

CPA-Tech活動について

トーマツが行うCPA-Techとはどのような活動なのか。

活動に参加している、マネジャー 森 沙織のインタビュー記事を抜粋してご紹介します。

 

 

公認会計試験の受験を目指したきっかけについて教えてください。

高校生の頃に生命や病気の仕組みに興味を持ち、大学では農学部で生命科学を専攻していました。学びを深める中で、医療分野のコンサルティングの道に進みたいと思うようになり、デロイト トーマツ  コンサルティング合同会社に入社しました。

公認会計士という職業を知ったのは、コンサルティング業務で公認会計士の方々と一緒にお仕事をしたことがきっかけです。会計に関する幅広い知識をもとに的確な助言をされている姿を見て、会計知識の必要性を痛感すると同時に、会計の面白さに惹かれていきました。また、公認会計士は結婚・出産等のライフイベントを経ても仕事を続けることができることに魅力を感じ資格取得を決意しました。当初は仕事と試験勉強を両立する生活を続けておりましたが、効率よく勉強を進めるため、仕事を辞めて試験勉強に専念しました。仕事を辞めたことから不安やプレッシャーを感じることもありましたが、公認会計士試験に合格できたことが、自分の人生における大きな転機であったと思っています。

 

現在従事している業務について教えてください。

ネット系・テレコム系を中心に、様々な業種・規模の企業の監査業務に従事しています。また、デジタル関係の分野に関心があり、監査業務のDX化の重要性を強く認識していたことから、監査部門におけるデジタル人財の育成や監査業務のDX化を推進するCPA-Techという活動にも参画しています。

 

CPA-Techとはどのようなものですか。また、この活動へかける想いを教えてください。

CPA-Techとは、有限責任監査法人トーマツの監査部門におけるデジタル人財育成と監査業務のDX化の推進を目的した活動の総称です。クライアントのIT環境の変化を適時に捉えるリスク識別・評価力、大量データからリスクを炙り出すためのデータ加工・分析企画力、監査ツールの開発や活用推進による監査の変革力、ERP知見に基づく監査高度化力とアシュアランス力、総合的なDX知見に基づくクライアントのDX化の推進力といった、複数の領域の活動があります。私は、これらのうちデータサイエンス領域において、人財育成のための研修の講師と、SQL等によるデータ加工と分析スキルを活用した監査業務のDX化の推進役として活動しています。

もともとデジタル関係の分野に興味があったことがCPA-Techに携わるきっかけでしたが、今ではこのような活動を通して自らもデータサイエンス領域の知識やスキルを高めたいという気持ちが芽生え、そうした思いが活動を続けるモチベーションになっています。

 

DX化がさらに進展する新しい時代において公認会計士がさらに存在感を社会に示していくために何が必要であるとお考えですか。

これからの公認会計士は、DXについて理解することはもちろんですが、監査法人内のDXの専門部署に業務を委託するだけでなく、専門知識をベースに判断や指示をして業務をリードできる存在になるべきだと考えます。実際にデータ分析に基づいて企業と話をすると納得していただけますし、そうしたことが新たな価値提供につながっていくように思います。私が携わっているCPA-Techは、まさにそのための取り組みであり、新しい監査の世界を追求することに大きな楽しみとやりがいを感じております。

 

4法人東京事務所 リクルート協定

東京では大手監査法人間で採用活動における協定を締結しております。
接触可能期間をはじめ各種ルールを設けており、大手4法人は当協定を遵守し、活動してまいりますので東京での就職活動をご検討されている方は「こちら」をご一読ください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)