横浜事務所

一覧に戻る

同期の存在

 

皆さん、こんにちは!

横浜事務所5年目の名波です。

 

今回は私の同期について紹介します。私の同期は13名います。東京事務所に比べれば少ない人数ですが、横浜事務所は約50名の規模なので、2割以上を占める大きな世代です。

同期といっても様々なバックグラウンドをもった同期がいます。新卒だけでなく、他の監査法人や会計事務所、一般事業会社での前職経験者まで、入社当初の年齢は20歳~35歳と幅広くいました。

 

通常、皆さんが監査法人に入社すると上場クライアントの監査チームに入ると思いますが、たいてい1チームに新入は1名程度です。一緒に研修を行ってきた同期はそれぞれ別々のチームに入り、同期と顔を合わせる機会も減ってきますが、横浜事務所の場合、執務室が1フロアのフリーアドレスとなっているため、日中でも同期と席を並んで仕事ができ、分からない会計論点について互いに教え合ったり、便利なツールを共有したりして、繁忙期も共に乗り越えることができます。もちろん先輩にも質問はできますが、気軽に話しかけられる同期がいると安心します。

 

日常でも交流があり仲も良いため、オフの日も仕事帰りに飲みに行ったり、休日はゴルフやBBQに行くなどしています。先日は、海外派遣プログラム(タレントセレクト)にてシドニーに異動となった同期の送別会があり、ほとんどの同期が集まりました。

 

同期の送別会での集合写真

同期の送別会での集合写真

 

今まで一緒に頑張ってきた仲間がいなくなり寂しさもありますが、希望していた海外勤務のために努力していた同期を側でみて、私も今まで以上に仕事の幅を広げられるよう頑張っていきたいと思うようになりました。

 

就職活動が本格的に始まり、どの法人にしようか迷っている方も少なくないと思います。そのような方は是非色々な法人に足を運んでみてください。ホームページやパンフレットだけでは分からない社員・職員の人柄や事務所の雰囲気を肌で感じられると思います。

 

 

一覧に戻る