横浜事務所

学生非常勤という働き方

皆さま、こんにちは!

横浜事務所スタッフ2年目の篠沢 伶です。(写真左側が私です)

まずは論文式試験、お疲れ様でした!ぜひゆっくり休んで体調を整えてください。

さて今回は、「学生非常勤という働き方」というテーマで、実際に一年間学生非常勤として勤務した私が、その魅力をお伝えできたらと思います。

なぜ横浜事務所に入社を決めたの?

多岐にわたる経験を積むことができる点に魅力を感じたからです。当時私は、学生非常勤という立場でありながら、国立大学法人1校、製造業2社の監査、ベンチャー企業の支援案件などを担当していました。横浜事務所の大きな特徴は、一人が担当できる業務の幅が広いことです。たくさんのことにチャレンジできるので、皆さまにおすすめしたい事務所です。

また、事務所の良い雰囲気をリクルート活動を通じて感じ、事務所のメンバーの方々と一緒に働いてみたいと思ったのも理由の一つです。事実、入社後も優しい先輩方に恵まれました。

学生非常勤って、何をするの?

学生非常勤の業務内容は、基本的に常勤で勤務されている方々と同じです。そのため、1年目から現金預金や純資産等の科目が割り当てられ、さっそく戦力として動きます。最初は不安がありましたが、先輩方が手厚くサポートしてくれるため、率先して色々な業務にチャレンジできます。

学生非常勤のメリット・デメリットは?

私の考える学生非常勤の主なメリットは2点、デメリットは1点です。

まずメリットは、早い段階から社会経験を積めることと、大学生活との両立が難しくないことです。学生非常勤でも、クライアントと関わる機会は多く、大学卒業前からこのような経験ができるのは大きなメリットだと思います。また、自身の生活に合わせた出勤希望を出せるため、大学生活との両立も可能です。

デメリットは、閑散期には、出勤日数が減少する可能性があることです。私の場合は、学生のうちから少しでも多く経験を積みたいと考えていたので、デメリットと感じました。

最後に一言!

学生非常勤は柔軟に働くことができて、かつ早期から色々な業務を経験できるので、大変おすすめです。大学生活の選択肢として、学生非常勤という働き方を頭の片隅に入れてみてはいかがでしょうか?

 

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)