横浜事務所

イベントでのQ&A

皆さん、こんにちは!横浜事務所スタッフの畠山です。

論文式試験から早2ヶ月半が経ち、就職活動を通じて様々な情報収集をされていることと思います。これまでの横浜事務所のリクルートイベントにも多くの方にご参加いただきました!

そこで、皆さんからのご質問をいくつかピックアップして、シニアスタッフの齋藤さんに回答してもらおうと思います!

 

(畠山)はじめに、齋藤さんが横浜事務所を選んだ決め手を教えてください。

(齋藤)横浜事務所は社員・職員の顔と名前が一致する規模感の事務所です。トーマツという大きな法人ならではの充実した研修を受けることができ、なおかつ、リクルートイベントでお話を聞く機会があったリクルーターと実際に一緒に働くことができる点が魅力的でした。

 

(畠山)入社からこれまでの業務経験について教えてください。

(齋藤)入社して初めて担当した業務は、製造業の上場会社の監査でした。その後、小売業やサービス業、学校法人の監査やアシュアランス業務にも関与するようになりました。

 

(畠山)齋藤さんはアシュアランス業務にも積極的に関与されておられますが、具体的にはどのような業務を行っていますか。

(齋藤)地域企業のDX化を促進する業務を行っています。企業がデータとデジタル技術を活用した新たな製品やサービスの開発・改良を行うために、定期的にプロジェクトの中心となる企業及び地方公共団体と連携しています。

 

(畠山)横浜事務所のキャリアプランにはどのようなものがありますか。

(齋藤)事務所内で上場企業等の監査経験を積み重ねていく、監査の専門性を高めるために監査品質統括部へ異動する、アシュアランス業務に力を入れるために監査アドバイザリー事業部へ異動する、デロイト トーマツ グループ内の他の法人への異動や海外駐在を経験する等、先輩たちは様々なキャリアの選択をしています。その他、当事務所での多様な業務経験を生かして独立開業するメンバーもおり、横浜事務所にもたくさんの可能性があると感じています。

 

(畠山)最後に就職活動中の皆さんへ一言お願いいたします!

(齋藤)横浜事務所では様々な業務を経験できます。また、メンバーとも話しやすく、アットホームで働きやすい職場だと私は感じています。皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています!

 

(畠山)齋藤さん、ありがとうございました!

(左が畠山、右が齋藤)

今回ピックアップした質問についてさらに深く聞きたい方、また、他に聞いてみたいことがある方は、ぜひ個別相談会へご参加いただければと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)