地域貢献型人財育成枠

地域貢献型人財育成枠で入社した先輩のおはなし①

皆さん、こんにちは!北陸事務所の上村です。(写真左)

本日は地域貢献型人財育成枠で入社した私の経験談を少しでも共有できたらと思っております。

まずはじめに、受験生の皆さん論文式試験お疲れ様でした。

今回ご紹介するのは、監査法人ではあまり見かけない制度だと思いますが「地域貢献型人財育成枠」という、入社時に法人指定の地区事務所に配属となる採用枠制度についてです。

地域貢献型人財育成枠を希望した経緯

私はトーマツに入社するときに、色々な業種の会社の監査業務を担当してみたいと考えていました。一方、大手企業の監査業務や地方創生・復興支援といった地域に密着した業務にも携わってみたいと考えており、大規模事務所か地区事務所か、どの事務所に応募しようか迷っていました。

そのときに、たまたまトーマツの地域貢献型人財育成枠の存在を知りました。募集要項を読んでみると、入社から4年間は法人指定の地区事務所で勤務したのち、その事務所で働き続けることも、事務所異動を希望することも可能と記載してあり、「迷っていることがすべて経験できるし、こんな働き方もありなのかな?」と思うようになりました。

また、新天地での生活をはじめるにあたって借り上げ社宅制度」が利用できるという点も地域貢献型人財育成枠の魅力だと思いました。

悩んだ末に地域貢献型人財育成枠にエントリーし、現在に至っています。4年後の自分が、仕事についてどのような考え方になっているか、やってみたいことがどのように変わっているか、いまはまだ分かりませんが、その時に選択肢があることは「あり」だと思っています。

地区事務所に入社してみて

地区事務所に入社して思うことは、やりたいことに挑戦しやすい環境だということです。

地区事務所の魅力のひとつとして、クライアントの業種ごとに事業部が分かれているわけではないので、金融機関や一般事業会社やIPOなど、関与してみたい業種や業務内容を希望すれば挑戦させてもらいやすいというメリットがあります。現在私もこのようなクライアントの監査業務に関与しています。

もちろん監査のスキルを身に着けることが第一ですが、近郊の連絡事務所などを行き来しながら地方創生に関連した業務にも挑戦させてもらっていて、入社前にやってみたいと思っていたことを幅広く実現できています。

 

受験生の皆さん、地区事務所で働くことに少しでも興味がありましたら、まずはぜひ地域貢献型人財育成枠のイベントに参加いただき、制度の概要や多くの地区事務所で働く先輩たちの話を聞いてみてください!

 

地域貢献型人財育成枠イベントページ

イベントのご予約にはプレエントリーが必要です。

プレエントリーがまだの方は、こちらからプレエントリーを⾏ってください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)