地域貢献型人財育成枠

出身地以外の事務所への入社~地方移住について~

皆さん、こんにちは。東日本第三事業部・金沢連絡事務所マネジャーの岡と申します。

写真の後列中央が私です。今回は地方移住について簡単にご紹介します。

私は2012年の論文式試験合格後、東京の中堅監査法人にて主に事業再生業務に従事して参りました。

その後、双子の誕生をきっかけに、自身のライフプランを見つめなおし、改めて会計士としてのしっかりとした土台作りが必要と感じ、2015年にトーマツの横浜事務所に入社しました。

横浜事務所では法定監査を中心とした貴重な経験を沢山積ませてもらいました。

 

そのような中、子どもたちもすくすくと成長し、小学校への入学という改めてライフプランを見つめなおす時期がやってきました。

実は私も妻も首都圏出身で、地方での生活に強い憧れがあったことから、一念発起し、このタイミングでの金沢移住と異動を決断しました。

 

ちなみに金沢に決めた要因は、非監査業務に力をいれている点でした。

また、おいしい食べ物があることや、山や海へのアクセスの良さ、子どもの教育に熱心な地域であるという点も決め手となりました。

 

異動後の現在は、上場監査や、M&A関連の非監査業務等、希望した業務に携われており、休日はキャンプやゴルフ、スノーボードと非常にアクティブな生活をしております。地方は生活コストが首都圏ほどかかりません。

(写真は冬キャンプをした際の能登の海です)

オールトーマツの知見に触れること、利用することは地方でも当然可能です。また、地区事務所ではミドルサイズのクライアントが多く、いち早く経験を積むことができ、事業会社のみならず金融機関や公的機関の監査、更には非監査業務への関与も可能です。

私自身、縁も所縁もない土地での再出発となりましたが、ウェルビーイングの観点から地方移住を決断して本当に良かったと感じています。

 

様々な経験を積み、仕事のみならずプライベートも充実させたいと感じている方。ぜひ地区事務所での勤務もご検討ください。

トーマツには「地域貢献型人財育成枠」という家賃が補助される形で地区事務所勤務をスタートできる採用枠があります。会計士キャリアをスタートするタイミングでしかエントリーできない枠なので、地区事務所での勤務に少しでも興味がある方は、ぜひ一度詳細をご覧になってみてください。

 

 

有限責任監査法人トーマツ定期採用公式アカウント

 

トーマツの定期採用に関するイベントやブログ等の更新情報をお知らせしていますので、ぜひフォローしてください!(アイコンをクリック)