先輩紹介

多才なプロフェッショナルが集まるチームで、ビジネス上の様々なリスクに対応

リスクアドバイザリー事業本部(東京事務所)
シニアマネジャー
2008年入社

中原 康宏

Yasuhiro Nakahara

2008年入社から監査業務に従事したのちアドバイザリー業務に主軸を置いて従事。現在はリスクアドバイザリー事業本部に所属し、初のIFRS導入助言業務の主査として連結売上高が1兆円を越える企業も担当している。第一子が誕生してからは育児にも奮闘中。


各分野の専門家とチームを組むことで知見が深まる

多様な企業に対して、IFRS導入助言や日本の新会計基準の適用支援、SAP導入支援、経理業務高度化などの会計領域の業務、さらにはサステナビリティ開示規則対応助言まで、多岐にわたるリスクアドバイザリー業務を提供しています。私の所属するリスクアドバイザリー事業本部は監査法人の中にありながら、公認会計士のほか様々なバックグラウンドの経験やインダストリーの専門知識を持ったプロフェッショナルが揃っており、会計領域のみでなくビジネス上の様々なリスクに対応する助言を提供することが可能です。また、デロイト トーマツ グループの各法人や各事業ユニットと協業する機会が非常に多く、チームアップの際の連携の速さ、個々の強みを生かした提案力、コミットメントの高さを日々感じており、チームとして業務に取り組むことで刺激を受け、自身の成長を日々実感しています。

時にはリスクテイクしながら、企業価値も高める

ビジネス環境は非常に複雑化・高度化しており、企業が抱えるリスクは増大しています。あらゆる事象に対して最新情報をキャッチし、リスクに対応するための方策を講じる必要があります。近年では、特にサステナビリティに関する動向が企業価値に直結するなど高い関心を集めているので、サステナビリティに関する知見も広げたいと思っています。また、今後はチーム力の強化にも力を入れ、一方的に教わったり教えたりするのではなく、職位や職階に関係なくそれぞれが専門性を生かした提言を行うなど、相互に影響を与えながらプロフェッショナルとして成長できる環境を整えていきたいです。

My Well-being

休日は家族で買い物に出かけたり、車で遠出するなどアクティブに活動しています。子どもが生まれてからはそれまで興味がなかったアニメやキャラクターにも詳しくなってきて、ライフステージの変化を楽しんでいます。