先輩紹介

いつでも、どこでも、誰とでも、自由につながり働く時代に

東日本第一事業部(東京事務所)
マネジャー
2012年入社

鶴田 侑子

Yuko Tsuruta

2012年名古屋事務所に入社し監査業務に従事。2018年からタレントセレクトで2年間アメリカへ赴任。帰任後2021年に産育休を取得。復職後はFWP適用を受けながらUSGAAP基準の監査チームに所属。現在は新たにサステナビリティ関連業務にも携わっている。


可能性の広さと多様性が入社の決め手に

私は資格という強みを生かして男女の区別なく活躍できる仕事がしたいと思い、公認会計士になることを目指しました。トーマツを選んだのは、入社後に様々な業務にチャレンジできる機会があり、自分らしいキャリアを描けることと、ライフステージに応じた柔軟な働き方ができるという点に魅力を感じたからです。スタッフ時代にはフロア内に妊娠中のメンバーが5人もいて、女性が働きやすい職場であることを実感しました。チームメンバーの経歴も多彩で、それぞれがやりたいことや興味のある分野を見つけ、自由に異動をして経験を積み重ね、プロフェッショナルとして活躍しています。私自身もグローバル業務に関わりたいと希望を伝え続け、アメリカのミシガン州への赴任を経験できました。現在所属しているチームには、Deloitte Globalでキャリアを積んだ上司をはじめ、様々な国籍のメンバーが集まっています。また、日々国外のチームメンバーとリモートでやり取りしており、多様性を肌で感じています。

一人ひとりが積極的に声をあげ、働きやすい環境に改善

昨年監査チームで実施したグローバルミーティングでは、普段は業務で直接的な関わりがないデロイト トーマツ グループのメンバーが一堂に会し、それぞれの現場で取り組んでいるベストプラクティスを紹介し合いました。非常に有意義なアイデアが次々に発表され、Well-beingやDEIのメンバーに限らず、トーマツのメンバー一人ひとりが働き方改善について前向きに取り組んでいる姿がとても印象的でした。

仕事とプライベートの選択ではなく、どちらも充実させる働き方に

COVID-19を乗り越えた先のスマート社会においては、場所や時間、国籍にとらわれることなく、志を共有する仲間とつながり、さらに自由に働ける時代になると強く感じています。今後はFWPの適用者もさらに増えると思います。仕事とプライベートのいずれかの選択ではなく、どちらも充実させながら生き生きと働ける組織をつくっていけるよう、貢献していきたいです。

My Well-being

休日の子どもがお昼寝をしている間や夜などを活用し、無添加のお菓子作り・パン作りをしています。子どものリクエストに応えて、人気ヒーローの形のパンも作ります。子どもがまだ小さいので、もう少し大きくなったら食育をかねて一緒に作りたいですね。