先輩紹介

interview_photo_skasawa
interview_sp_photo_skasawa

プロフェッショナルとしてクライアントやチームから頼られる会計士になりたい

金融事業部
スタッフ
2016年入社

笠輪 沙紀

Saki Kasawa

入社後、金融事業部の保険ユニットに配属され、大手生命保険会社およびその関連会社の監査に従事。財務諸表監査のみならず、英文助言業務や外資系保険会社のリファーラル業務(クライアントとの合意された手続)などの非監査業務も担当し、幅広く会計士としての業務に携わっている。


トーマツを選んだ理由

大学生のときに、簿記の勉強を通じて公認会計士という職業に出会いました。仕事もプライベートも充実させたいという気持ちがあった私にとり、専門性の高い資格を活かして働くことはとても魅力的でしたし、なにより活躍のフィールドが多岐にわたる会計士の仕事に夢を感じました。
プライベートも充実させることができる制度や文化があること、アドバイザリーなど監査以外の分野にも強いところ、就職活動中に出会った社員・職員の方々が皆さん輝いて見え、自分もこんな風になりたい!一緒に働きたい!と強く感じたことが入社を決めた主な理由です。将来は家庭を持ちつつ、プロフェッショナルとしてクライアントやチームメンバーから頼られる会計士になりたいという思いを持っていたのですが、法人説明会や面接などを通じて、トーマツはそれが実現できる場所だと感じました。
入社して1年半ほど経ちますが、最初の印象とのギャップはほとんど感じません。現在は生命保険会社の監査を通じて、監査の基礎を学んでいます。監査は多岐にわたる会計士の業務の中での基礎・基盤ですので、それがしっかりと学べる環境を希望し、今のチームに配属されました。クライアントやチームメンバーから頼られる存在になるために、日々多くのことを学ばせていただいているところです。

トーマツでの出会い

入社後、すぐに新人研修が行われました。約2カ月にわたり35人程度のクラスで、ビジネスマナーや実際の現場配属後の業務を想定したシミュレーション研修などを受けました。私の入所年次は、すべての研修を同じクラスのメンバーで受けたので、研修を通して同じクラスだった仲間と交流を深めることができました。このおかげで、配属後も、困ったときには助け合い、アフター6や休日にも連絡を取り合うなど、1年半経った今でも、交流が続いています。このような同期に出会えて、トーマツを選んだことは間違いではありませんでした。
また、上司や先輩にも恵まれ、配属時から今まで多くのことを教えていただいています。日常的な業務から難しい専門的な会計知識まで、さまざまな相談にのっていただき、そこからたくさんのことを吸収できるので、日々成長を感じています。2年目になって、1年目よりも専門知識を要する、収益項目や金融商品の検討など、重要な業務を任されることが増えたように感じます。そのような業務の中で、まだまだ未熟だと感じることが多いですが、日々の自己研鑚を怠らず、自分自身の会計士としての価値を高めていきたいと考えています。

My Holiday

友人との食事やおしゃべりで楽しいひとときを過ごす

友人と美味しいものを食べに行くことが多いです。
写真はホテルのアフタヌーンティーに高校時代からの友人と行ったときのものです。
色々な種類の紅茶と一緒にケーキやサンドイッチをいただきながら、近況を報告し合います。おしゃべりは尽きず、あっという間に時間が経ってしまいました。

笠輪 沙紀