先輩紹介

interview_photo_akajino
interview_sp_photo_akajino

いつもリスクを意識して業務を進めることが重要だと先輩から学んだ

金融事業部
スタッフ
2016年入社

梶野 暁

Akira Kajino

入社後、金融事業部の証券ユニットに配属され、主に外資系証券会社を担当。PCAOB監査基準に対応する米国監査基準グループにも所属。監査業務と並行してコアリクルーターも務めた。チームメンバーの多大な協力を得ながら日々精進している。


「リスクに着目しなさい」~入社1年目から見た監査業務とは~

受験期は、いつもできるだけ監査の現場をイメージして、実際に働くことを楽しみに勉強していました。もともと数学が得意で、数字に関することが好きだったので、会計・監査に関する知識が増えていくことを楽しみながら学習することができました。受験が楽しく、あれだけ頑張ったのだから、監査法人に入社して、監査の現場に出ることになっても、会計や監査の知識を役立てて、きっとすぐに活躍できるだろうと思っていました。
ところが、実際に働きはじめると、受験期に思い描いていた仕事の量とは全く異なっていました。
受験期に頻繁に目にした「内部統制を含む企業および企業環境の理解」というこのワンフレーズですが、これを達成することが予想以上に重要かつ膨大だったのです。初めて監査調書を見たとき、情報量の多さに圧倒され、これを全て理解し、知り尽くすことは無理ではないかと感じました。
そして、現場往査に行って大量の会社資料を見たとき、監査調書はさらに膨大な会社情報の中から必要なものを格納したものであることを改めて思い出し、その瞬間に膨大な情報の海に溺れるような感覚を覚えました。
私たちはクライアントを複数担当し、限られた監査期間中に、初めて知るクライアントの業務について、経営者の立場になって理解して、それを独立した視点から検証する、そのそれぞれが私には難しく思えて、果たしてきちんと監査できるのだろうか、と不安になりました。一体どのように先輩方はこれを実践されてきたのでしょうか。
そんな不安を抱えていた私に、ある先輩は、「リスクになるかどうかに着目しなさい。全てを見ているわけではない」と教えて下さいました。見るべきポイントはリスクであって、それに気を付けていれば監査手続を適切に実施できます。
そうかリスクか!監査論がまさに適用され、「リスクアプローチ」や「監査資源の制約」とはこのことだったのか、と納得した瞬間でした。
リスクを識別して、手続を立案・実施していくためには、実践と経験がどうしても必要になりますが、先輩方が優しくサポートして下さいます。今はとにかく「早く一人前になりたい!」という気持ちで精一杯業務に取り組んでいます。

トーマツに入社してよかったこと・受験生、就活生へのメッセージ

私たちのユニットには、一体感があります。ユニットには英語ができる方がある程度いるのですが、たまに英語で雑談しているのを見かけたり、私もチームメンバーに、できる限り英語で会話を試みたりしながら、楽しくコミュニケーションをとっています。英語は強制というわけではありませんが、気軽に話してみようと思えるのは職員同士の仲が良いからであると思います。
また、トーマツのリクルート業務は手作りであるという点も私にとってよかった点です。
リクルーター業務は企画・運営・司会・案内・調整・懇親など入社1年目の監査スタッフにとって、とても貴重な経験ができます。就活イベントなどを通して、パートナーを含めた他事業部との繋がりも構築でき、監査以外でもトーマツの連携の良さを実感しました。社員・職員インタビューでは、インタビューに参加した社員・職員がトーマツの特徴をアピールするのですが、その内容から監査・非監査を含め彼らはみなこの仕事やトーマツが好きだからこそここで働いているのだとよく伝わってきました。そして現在、私もトーマツの一員であり、将来この先輩方のようになっていきたいと考え、トーマツに決めて本当に良かったとインタビューをしながら感じました。
2年目になり、まだまだ私にはたくさん学ぶべきことがあります。そして、この法人の先輩方から学ぶことができることを支えに今は楽しく厳しく仕事に励んでいます。
ぜひ皆さんもトーマツで私たちと一緒に働いてみませんか。

My Holiday

スポーツやサークル活動でリフレッシュ

私の休日の過ごし方は楽しくスポーツをすることです。試験勉強の期間やPC作業中心の業務を行っているうちに体がなまってしまうので、最低でも月に数回は運動をするようにしています。
ジムでランニングをする他、社会人スポーツサークルにも参加し、バドミントンやドッチビーをしています。サークルではスポーツでリフレッシュできるし、サークル活動後の飲み会で色々な人と交流できるし、最高の休日になります。

梶野 暁