先輩紹介

クライアントから信頼される会計士に

金融事業部(東京事務所)
スタッフ
2016年入社

梶野 暁

Akira Kajino

入社後、金融事業部FIGの証券ユニットに配属され、外資系証券会社、国内証券会社、外資系資産運用会社の監査を担当。PCAOB監査基準に対応する米国監査基準グループにも所属し、今年からAudit Analytics®を兼務。


ITの高度化に対応し、クライアントから信頼される会計士になりたい

現代では、専門知識は誰でもネット上で検索でき、ある程度は正答にたどり着くことができます。例えばクライアントからの問い合わせでも、わからないことを監査チームに教えてもらうというレベルではなく、ほぼ正答に近いものを提示された上で、監査法人としてどう考えるかというレベルでの相談を受けることがあります。また、金融業界では膨大なデータがITで処理されており、今後も高度化が進んでいくものと思います。そうすると、人間特有の「判断」の重要性がより高まっていくはずです。
そうした中で、クライアントからトーマツが選ばれるためには、知識だけでなく、そこで行われる判断や信頼が重要になっていくものと思います。どんなにAIが発達しても、AIには責任能力がありません。私達が如何に責任感をもって業務を遂行し、信頼を得ていくのかがテーマであると考えています。
私は今年から、Audit Analytics®を使った監査に挑戦する機会を頂きました。
膨大なデータを可視化することにより、リスク評価に役立て、新たな洞察を見出すという試みで、この分野が今後の監査の姿として監査業界をリードしていくものと私は思っています。
トーマツは、このような機会も提供してくれるので、自分次第でキャリアをいろいろな方面へ広げていくことができます。そういった経験を通して、クライアントから信頼される会計士になっていきたいと考えています。

トーマツに入社してよかったこと

私がトーマツに入社してよかったと感じることは、社員・職員の多くがトーマツを好きであるということです。
以前私はリクルーターを担当していました。トーマツのリクルート活動は手作りが多いので、企画・運営など入社1年目の監査スタッフにとってはとても貴重な経験ができます。就職活動イベントなどを通して、パートナーを含めた他事業部との繋がりも構築でき、監査以外でもトーマツの連携の良さを実感しました。社員・職員インタビューでは、インタビューに参加した社員・職員がトーマツの特徴をアピールするのですが、その内容から監査・非監査を含め、皆さんこの仕事やトーマツが好きだからこそここで働いているのだとよく伝わってきました。
私も将来、先輩方のようになっていきたいと考え、トーマツに決めて本当に良かったと思っています。

My Holiday

スポーツやサークル活動でリフレッシュ

私の休日の過ごし方は楽しくスポーツをすることです。試験勉強の期間やPC作業中心の業務を行っているうちに体がなまってしまうので、最低でも月に数回は運動をするようにしています。 ジムでランニングをする他、社会人スポーツサークルにも参加し、バドミントンやドッチビーをしています。サークルではスポーツでリフレッシュできるし、サークル活動後の飲み会でいろいろな人と交流できるし、最高の休日になります。

梶野 暁