先輩紹介

interview_photo_smoromizato
interview_sp_photo_smoromizato

株式上場支援業務を通じて、信頼されるプロフェッショナルを目指す

東京事業部(TS)
スタッフ
2015年入社

諸見里 卓

Suguru Moromizato

入社後、現東京事業部(TS)(旧トータルサービス事業部)に配属される。主に上場企業および非上場企業の監査業務や、株式上場支援業務に従事。株式上場支援業務においては、実際に上場を経験。担当業種は、食品メーカー、保険、広告、IT、コンテンツ、商社、アパレル、金融など多岐にわたる。


信頼されるプロフェッショナルを目指して

入社して1年目の時に、私の恩師ともいえる先輩から「自分の中でのあるべき考えを持つことで、自立的にクライアントとの落としどころを見つけられるように、早くなれるといいね」と言われたことが今でも印象に残っています。当時は言葉の意味が正直よく分からなかったのですが、それから約3年経った今、振り返ると非常に難しく、かつ重要な言葉であると感じています。
実際の現場においては、試験問題のように明確な答えが存在しません。浮上する様々な論点に対して、会計基準を拠り所としながら、クライアントとのコミュニケーションの中で自分のあるべき考えを相手に伝えます。そして、相手の考えを咀嚼した上で、如何にクライアントとの妥協点を見つけ出すことできるか、が重要になってきます。
コミュニケーションを通じて、許容できる範囲内でお互いの妥協点を見つけ出すことで、初めて信頼されるプロフェッショナルになることが出来ると考えています。
監査業務、株式上場支援業務を行うことで、会計知識だけでなく、クライアントとのコミュニケーション能力が鍛えられるのが、この業務の面白さのひとつだと思っています。
特に、株式上場支援業務は、若い年次から会社役員の方々とコミュニケーションをとるチャンスが多い業務です。
積極的にクライアントとコミュニケーションを取る中で、「クライアントと一緒に成長していく」株式上場支援業務は本当に面白く、一刻も早く信頼されるプロフェッショナルになりたいと思っています。

様々な会社に触れることができる

会計監査という業務の特徴として、いくつかの監査チームに所属し、様々な会社と関わることが出来るという点が挙げられます。入社してから、10社以上のクライアントに関わらせていただきました。会社によって、規模、業種、組織風土、社員の方々の雰囲気などは様々で、色々な気付きを得ることができます。
トーマツに入社した当初は、漠然とIT系に関わりたいと思っていましたが、実際に入社して、IT以外の食品メーカー、広告、保険、アパレルなどの会社に関わる中で、視野が広がりました。入社前は、限られた業界の会社に関する知識しかありませんでしたが、会計監査を通じて、新しい世界に触れることが出来ました。
自分の将来やりたいことが、明確に定まっていない場合は、様々なクライアントに関わる中で、興味がある分野を見つけることが出来る可能性が高いと感じています。
また、業種によって財務諸表の中身が全く違うので、様々な会社に触れることで、ゼロから財務諸表を分析する能力が身につきます。
1社に所属しながら、様々な会社に関わることができるのは、会計プロフェッショナルファームならではであり、ファーストキャリアとして会計監査を選択して良かったと心から感じています。

My Holiday

休日は同期とのスポーツや旅行などでリフレッシュ

休日はトーマツの同期で集まり、フットサルをしています。日々の業務で疲れた体を、運動でリフレッシュしています。同期とは仲が良く、よく飲みに行ったり、旅行に行ったりもします。仕事を超えた生涯の仲間ができたので、今後も大切にしていきたいです。

諸見里 卓