先輩紹介

interview_photo_yhyakusoku
interview_sp_photo_yhyakusoku

チームで働く上で、一緒に働くメンバーを尊敬し、人として好きになることが大切

東京事業部
スタッフ
2015年入社

百束 祐児

Yuji Hyakusoku

東京事業部において大手メーカーを中心に、様々な業界・規模のクライアントの監査を担当。IFRS、英文財務諸表監査といった国際業務から、地方自治体の委託で運営する公共事業体の監査まで幅広く携わっている。


会計士を志したきっかけ

私が会計士を目指した最初のきっかけは魅力的な会計士に出会ったことでした。当初は、会計士は忙しい、大変といったマイナスのイメージがありましたが、その方はとてもいきいきと仕事もプライベートも過ごされており、素直に自分もそうなりたいと感じました。また、トーマツに入社したのも、トーマツで働く先輩方がとてもかっこよく魅力的に感じたからです。会計士としてチームで働く以上は、一緒に働くメンバーを尊敬できる、人として好きになれることはとても大切です。
みなさんもぜひ身近に憧れの、自分もそうなりたいと思えるような会計士を見つけてみてください。きっとこれからの受験勉強、就職活動など様々な局面でのモチベーションアップに繋がります。
私もそんな憧れられるような会計士になれるよう、魅力的な先輩方に囲まれながら日々邁進中です。いま受験勉強、就職活動中のみなさんに「かっこいい先輩会計士」と思ってもらえるように頑張ります。

業務の全体像を把握する

私が仕事をする上で常に意識していることは、「まず全体像を把握すること」です。特に慣れないうちは、目の前の業務に手いっぱいになりがちですが、一度立ち止まって、いま自分が全体の中でどのような業務にあたっているのかを意識するようにしています。これにより、やるべきこと・やらなくていいことが見えてきて、より効果的かつ効率的に仕事が進められます。言葉でいうのは簡単ですが、実際にやろうと思うととても難しいです。しかし、業務の全体像の把握を目指すことがとても重要なことだと働く中で実感しています。
思い返せば、受験勉強においても同様だったと思います。各科目に抑えるべき細かな論点はたくさんあり、暗記に忙殺されているときは、あまり成績は伸びませんでした。その後、暗記よりも理解が進み、全体像を把握できたときに成績が一気に伸び、合格につながったと記憶しています。
これからの受験勉強、会計士としての業務遂行にあたって、ぜひ一度意識してみてください。大切さが実感できると思います。

My Holiday

お気に入りのシューズで定期的にランニング

おしゃべりと、美味しいものを食べることが大好きです。同僚や親しい友人とよく食事に行っています。また、最近は健康にも気を配ろうとランニングを始めました。友人がプレゼントしてくれたランニングシューズがお気に入りです。

百束 祐児