先輩紹介

interview_photo_rhiguchi2
interview_sp_photo_rhiguchi2

公認会計士は、女性が働くうえでのメリットが多く、とても魅力的な職業

東京事業部グループ7(TS)
スタッフ
2018年入社

樋口 莉子

Riko Higuchi

入社後、東京事業部グループ7(TS)に配属され、上場企業や非上場企業の監査に携わっている。


会計士を目指したきっかけ

私が、会計士を目指したきっかけは自分自身に強みが欲しいと考えたためです。
大学入学当時は、会計に全く興味はありませんでしたが、実際に授業の中で簿記に触れたことで、会計の重要性を痛感しました。
また、女性が働くうえでのメリットが多く、生涯働くことを考えると、とても魅力的な職業だと思いました。公認会計士という資格を取ることで、今後の人生において選択肢が増えるということも目指すきっかけになりました。

受験生・就活生に向けたメッセージ

受験生は、学生ならば周りの友人がサークルや遊びで大学生活を満喫している中、受験勉強するのはとてもつらいと思います。「青春時代を勉強に捧げるなんて・・・」と思う方もいるかもしれません。しかし、私は会計士の勉強も青春時代の貴重な経験だと思います。
同じ目標を掲げた勉強仲間と励ましあい、切磋琢磨したということは、合格後も大きな財産となりました。たまには、息抜きもして試験後は「やり切ったぞ」という達成感を味わえるように頑張ってください。
就活生は、今後の自分が何をやりたいかを考えて就職活動を進めることが大切だと思います。そのためには、自分があまり興味のない分野の話を聞くことも必要です。話を聞いたうえで、なぜ自分がその分野に興味がないのか、その理由を考えることも納得のいく就職活動をするためには重要だと思います。
私は就活生時代に、漠然と中堅企業の監査を行い、監査の全体像を早いうちに知りたいという思いを描いていました。またアドバイザリー・海外駐在・出向など多くの分野にも興味がありました。そこで、いきなり特定の分野の説明を聞くのではなく、できるだけ多くのイベントに足を運び、多くの人に会って話をすることを心がけました。
その結果、自分の持つ将来のイメージに合う法人および事業部を見つけることができ、希望の部署に入ることができました。今から就職活動をされる方はぜひ自分が何をしたいかを考えて、全力で悔いのない就職活動をしていただけたらと思います。

My Holiday

趣味のダンスで心身ともにリフレッシュ

休日は、趣味や遊びにとても充実しています。
趣味のダンスは幼少期から続けており、社会人になってからもコンテストやイベントで踊る機会があります。大学時代から組んでいるチームで練習をし、個人でもレッスンを受けに行っています。

樋口 莉子 My Holiday