先輩紹介

interview_photo_tonizuka
interview_sp_photo_tonizuka

常に新たなチャレンジを楽しみながら理想の自分へ成長を続けたい

PSHC事業部
マネジャー
2007年入社

鬼塚 智子

Tomoko Onizuka

入社後、監査業務に従事し、民間企業や大学、病院の監査を担当。
大学、病院などでの専門性を高めるため、2011年パブリックセクター・ヘルスケア事業部(PSHC事業部)へ異動。現在は、大学、病院の監査を中心に、地方自治体向けの業務も実施。

movie_tonizukaインタビューインタビューの様子を動画でご覧いただけます※インタビューの様子を動画でご覧いただけます

パブリックセクター・ヘルスケア(PSHC)では、監査と非監査、双方の業務が経験できます。監査では、大学や病院など設立主体によって適用される会計基準が異なるため、幅広い知識が必要です。また、公平性を保つ目的で監査人が高い頻度で交代するため、自分たちの強みを見つめ直し、より専門性を高めてクライアントの満足度を高めることが求められます。

非監査業務では、自治体向けに新たな業務提供の機会が多く、世の中の動きがダイレクトに反映されるので、業務を通じた社会貢献の実感を得やすいことが魅力です。また、研修講師を務めることも多く、十分な知識の習得と、わかりやすく相手に伝える力が求められます。当初は大勢の前で話すことに緊張しましたが、相手にうまく伝わったときは深い達成感を得られます。そして、自分の指導や助言が自治体に響いたときも、会計士としてのやりがいを感じます。

部門内には元自治体職員や元看護師など多様な職歴を持った人が多く、監査業務だけでは得られない知識も得られ、刺激になっています。

トーマツは、異動の希望も含めて個人のやりたいことを尊重してもらえる組織です。今後は、多様な業務、新たなチャレンジができる機会を生かし、楽しみながら仕事を拡大したいと思っています。そして、後輩から目標にされるような働き方、仕事への姿勢など、理想の自分へ成長を続けていきたいです。

My Holiday

その土地ならではのアクティビティに挑戦

長期の休みを利用して、家族で海外旅行を楽しんでいます。これまでにイギリス、ベトナム、フランス、インドネシア、タイなどに行きました。旅行先ではジャングルの中を象の背中に乗って移動する、バリ島のエレファントトレッキング、ジャングルツアーやラフティング、シュノーケリングなど、その土地でしかできない様々なアクティビティを楽しんでいます。

鬼塚 智子 My Holiday