先輩紹介

interview_photo_nkondo
interview_sp_photo_nkondo

国内トップクラスのクライアントの業務を通じてグローバル対応力を高めていきたい

中京事業部
シニアマネジャー
2005年入社

近藤 巨樹

Naoki Kondo

入社後、中京事業部にて国際部に配属され、海外進出企業の監査を担当。
2009年から米国デトロイト事務所に赴任し、監査の現場責任者(リードシニア)として従事。2011年中京事業部に帰任後、現在はグローバル企業の監査主査に従事し、自動車セクターのコアメンバーとしても活動している。


中京エリアは、グローバル化が進んでいる製造業の本社が多く、監査もグローバル対応が必須です。現在、私が担当しているクライアントは、国内トップクラスの規模を誇り、世界各国に拠点を持つメーカーです。社員のほとんどが海外赴任経験者で、優秀な方が多く、中途半端な知識や論理構成では納得していただけません。また、業界でIFRS適用の先頭を走っており、前例がない中で会計的な解決が求められ、常にグローバルベースでのサービス品質の向上に力を注ぐ必要がある点が難しくもあり、やりがいにもなっています。

米国デトロイト事務所への赴任、IFRSの初年度適用監査に従事した経験から、グローバル対応力を高めることができたことが、今の私の強みにつながっていると思います。また、監査先とのシビアなやり取りを通じて、相手の立場や考えを理解したうえで、自分の主張を伝え、粘り強く交渉する力もついたと思います。

トーマツはフラットな組織で、上司に対しても、自分の専門分野での知識や経験を元に率直な考えを伝えることができる環境があります。

今後は、さらにグローバル対応力を高め、トーマツの自動車セクター(産業別のサービスネットワーク)をリードし、その活動範囲をアジアから世界に広げていきたいです。また、チームメンバーの育成やIFRSの知識の向上にも尽力したいと思っています。

My Holiday

家族で楽しむ海外旅行

夏休みと年末年始以外に、毎年季節が良い9月に有給休暇のうち1週間をまとめて取得し、海外旅行に行くことを習慣にしています。家族でニューヨークのセントラルパークや自由の女神、パリのエッフェル塔、凱旋門やルーブル美術館など有名な観光スポットを巡り、小学生の娘と一緒に見聞を広げ、エネルギーを充電する時間を楽しんでいます。

近藤 巨樹 My Holiday