先輩紹介

トーマツに決めた1番の理由は、自分が成長できる環境が整っていると感じたから

第一事業部(東京事務所)
スタッフ
2019年入社

安本 愉香

Yuka Yasumoto

新卒で一般事業会社に就職後、試験勉強を開始。トーマツへ入社後は、希望していた製造業の上場、非上場企業の監査業務とリクルート業務に携わっています。


会計士試験を目指したきっかけ

私が会計士試験を目指したきっかけは、自分なりに頑張ったと思える経験が欲しかったからです。中学・高校・大学は一貫校で過ごし、受験勉強やスポーツなどに打ち込むこともない学生生活で、大学時代はサークル活動にアルバイト、海外旅行など、様々な経験をすることをモットーに楽しく過ごしていました。

大学4年生になって、新卒の就職活動を始め、自己分析をしてみると、 「今まで頑張ったこと」を問われた際に自信を持って言えることがないことに気がつきました。

そこで、結果が目に見えて分かりやすい資格試験に合格できたら、自信がつくのではないかと思い、はじめたのが会計士試験への挑戦でした。なぜ会計士だったのかというと、①難関資格といわれているものの中では比較的短期合格が可能なこと。②資格保有者の収入水準が高いこと。③社会貢献の色が強い仕事であること、といった理由でした。「短期で合格する」という覚悟から、試験勉強に専念することにしました。会計士の勉強をはじめたときは少し不安でしたが、今ではその選択をしてよかったと思えます。

試験勉強は厳しいもの、苦しいものと思われがちですが、新しい知識を学び、共通の目標を持つ仲間達と切磋琢磨した2年の勉強期間は、私の今までの人生の中で、最も楽しかったと言っても過言ではありません。受験生の皆さんも、これほど多くの時間を勉強に費やすことのできるのは今だけと割り切って、試験勉強を楽しんで欲しいと思います。私は会計士の試験勉強を通じて、日々のニュースが理解しやすくなり、知らないビジネスでもイメージがしやすくなるといった、人生を楽しむための糧を得られたように思います。

受験生・就活生に向けたメッセージ

公認会計士試験は、誰でも受験はできる試験ですが、誰でも合格することのできるものではありません。大学生のうちに合格することを目指すのであれば、周りの友達がアルバイトやサークルで楽しそうに見える中で、大学生活のほとんどを勉強する時間に充てることになると思います。社会人ともなれば、仕事以外はほぼ勉強しかできなくなると考えてよいでしょう。それでいて、順調に専門学校などのカリキュラムをこなして一般的に1年半~2年程度はかかる試験です。残念ながら、途中で諦めてしまう方も多くいます。それでも、合格したときの喜びとその先に広がる可能性は何事にも替え難いものだと思います。

私は、監査法人への就職活動を経て、今は監査業務やリクルート業務に携わっていますが、3年前はこうなるとは全く想像していませんでした。私が受験生だったとき、論文式試験は落ちたと思い、試験結果の発表前の段階で就職活動をすることがとても複雑な気持ちでした。8月の論文式試験後から、11月の合格発表までの不安定な状態はとても辛かったです。しかし、11月の合格発表後は、就職説明会やエントリーシートのスケジュールに余裕がなくなるため、早めに就職希望先について少しでも見ておくことをお勧めします。

私がトーマツに決めた1番の理由は、成長できる環境が整っていたからです。就職活動時にはどの法人も魅力的で、とても悩みましたが、漠然と一般監査がしたいが、その先は今後考えたいと思い、グループ会社にコンサルティングや税理士法人があり、選択肢の幅が広く感じました。

受験生・就活生の皆さんも、あのときもっとこうすればよかったと思うことがなるべく無いように、いろいろな可能性が広がっている中で、自分が納得できるよう毎日を過ごしていただきたいとエールを送ります。

My Holiday

海外旅行で、心身ともにリフレッシュ

社内のメンバーや社外の知人、学生時代に会計士試験の勉強を一緒に頑張った友人などを家に招き、食事をしたりすることがあります。最近は殻付きの牡蠣を取り寄せて牡蠣の殻を剥けるようになりました。トーマツは比較的忙しいと思われる一方で、有給休暇などはしっかりとれるので、昨年は長期休暇を利用して海外旅行やスキーに行きました。写真は一昨年末の長期休暇で同期とタイに行ったときの写真です。

木目田 愉香(My Holiday)