先輩紹介

会計監査人として土台を築きつつ、金融のプロフェッショナルを目指す

関西事業部(京都事務所)
マネジャー
2014年入社

池部 英佑

Eisuke Ikebe

2014年京都事務所へ入社後、金融・製造・ソフトウェア・不動産賃貸・学校法人などの監査業務に従事し幅広い業種の経験を積む。入社4年目を過ぎた頃から、金融監査の専門性を深め、現在では監査主査としてほかの事務所との合同プロジェクトへの参画や人財育成など、事務所の枠を越えた活動にも積極的に取り組んでいる。


京都事務所で地方銀行や信用金庫などの金融機関の監査業務を担当しています。金融監査は通常の会計監査のスキルや知識はもちろん、独自の法律や会計監査基準に関する知識も必要になります。特に近年はテクノロジーの進化によって、電子決済や暗号資産など新たな金融プラットフォームが次々に登場し、社会インフラとして急速に広まっており、金融を取り巻く環境は非常に複雑化しています。そういった変化に対応するため、常に学び続けなければいけないという大変さはありますが、会計監査人としての基本的な土台をしっかりと築きつつ、専門分野に特化したキャリアを構築できる点が、金融監査の魅力です。
また、同じ地銀や信用金庫でも、地域によって顧客層やサービスの特徴が大きく異なります。トーマツは主要都市だけでなく各地区にも事務所を構えており、スポットで東京のメガバンクチームや各地区の金融監査チームに参加するなど、幅広い経験を積むことができます。いつもと違うメンバーと、経験したことがない業務に携わることはとても刺激になります。
私は関西のほかの事務所やグループ法人と合同で業務を行うことも多いですが、トーマツには一人ひとりが高い品質の監査を行いながら、他者との連携もしっかり図ることができるメンバーが多く、それが企業に対して付加価値の高いサービスを提供することにつながっていると思います。
入社以来、ずっと監査・保証業務に携わってきたので、今後はこれまでの経験で得た金融知識などを生かし、事業の再構築や内部統制などをサポートするアドバイザリー業務などにもチャレンジしてみたいです。

My Well-being

子どもたちと体を動かしてリフレッシュ

独身時代はいろいろなレジャーやスポーツをしていましたが、今はたまにツーリングに行く以外は家族と過ごす時間が多いです。ここ数年は近場の公園やレジャー施設にしか行けていませんが、2人の子どもたちと一緒に体を動かしていると、いつの間にかすっきりとリフレッシュでき、仕事への新たなモチベーションが湧いてきます。