先輩紹介

時差出勤で家族をサポートしながら、マネジャーに昇格

金融事業部(東京事務所)
マネジャー
2012年入社

川手 亮佑

Ryosuke Kawate

入社後、東京事務所にて金融機関の監査を中心に担当。
2015年シニアスタッフ、2019年にマネジャーに昇格。
2015年の第一子誕生をきっかけにFWP制度の時差出勤利用を開始し、現在も継続して制度利用をしている。


トーマツのフラットな雰囲気に感動

私は、金融機関の監査を主に担当しています。「Quality first」のスローガンに惹かれ2012年にトーマツに入社しました。法人選びの際、働く環境にはあまりこだわりませんでしたが、トーマツで実際に働いてみると、そのフラットな雰囲気に感動しました。気軽にパートナーに話しかけることができますし、会議でも自分の意見を自由に発言できる雰囲気があります。上下関係を意識せずに働ける環境は、仕事そのものに集中でき、とても素晴らしいと思っています。

保育園に送ってから出勤できます

入社当時からFWPのことは知っていましたので、自分のライフプランに合わせて将来活用したいと思っていました。具体的に制度の利用を考え始めたのは第一子が誕生したときです。利用するにあたり不安もありましたが、上司の後押しもあり取得を決めました。子どもを保育園に送った後でも出勤可能な10:30~18:30を定時とした時差出勤を利用しています。子どもが熱を出したときには、「家族が一番だから帰って良いよ」と声を掛けてくれるなど、チームメンバーの配慮には本当に感謝しています。

細かいルールは設けず対話を重視

FWPを利用する前に少し不安に思っていたことは、取得による昇進への影響です。しかし、チームメンバーや所属部署の上司ときちんと事前に相談することで、安心して取得することができました。現在、子どもは3人で、継続してFWPを利用していますが、2019年にマネジャーに昇格しました。リーダーとして率先して仕事をしたい人、ワークライフバランスをより重視したい人など、個々の希望を尊重することを心掛けています。細かいルールは設けず、対話を重視して、一人ひとりの自己実現を支援したいと考えています。もちろんFWPの取得を希望するチームメンバーにも、惜しみないサポートを提供したいと思っています。

FWP制度については、こちらをご覧ください。

My Holiday

家族と公園や動物園でリラックス

週末は子どもと公園に行ったり動物園に行ったり外出することが多く、平日より慌ただしい毎日を送っています。子どもが寝た後には24時間制のジムに行ったり、整体に行ったり体をリラックスさせています。1人だけで過ごす時間は貴重なので大事にしています。