先輩紹介

個人が尊重され存分に力を発揮できる環境がトーマツにはある

第三事業部
シニアマネジャー
2014年入社

カヤン チュ カレン

Kayan Chu Karen

来日前デロイト香港事務所で監査業務を担当。入社後、東京事務所にて監査業務やIPO業務を担当。現在は第三事業部に所属し、グローバルに展開する企業の監査を中心に関与している。


「機会」「成長」「人」の3つの側面からトーマツの雰囲気をお伝えします。

【機会】

トーマツは機会を生み出す場所です。 規範や慣行に従うのではなく、問題を指摘して自分自身の機会を作り出すことができる「自由」があります。

私はグローバル企業のグループ監査を担当した後、今後のキャリアでグループ監査を専門にしたいと思っていました。 しかし、当時私の考える役割を担う組織は存在しませんでした。
そのとき、パートナーの助けを借りながらも、グループで他の監査チームをサポートする新しい組織を設立することができたのです。 このように、トーマツは他の職場とは違う、自分だけの新しいチャンスを生み出せる場だと思います。

【成長】

トーマツはメンバーの成長に力を入れています。内部トレーニングの他に、個人のパフォーマンスを評価するための定期的かつ体系的なプロセスがあります。上司とのカウンセリングでは、良いコメントだけでなく、改善や今後期待する事に対するコメントもあり、キャリアアップに役立っています。

私のチームでは新人のためのチューターシステムを導入しています。私たちは、進歩だけでなく直面した課題を理解するためにメンバー同士で毎日電話し、ともに対処しています。特にコロナ禍の在宅勤務では、新人は一人で働くことで戸惑う可能性があります。 このようなシステムを導入することで、チームメンバーとのコミュニケーションを強化し、チームの絆を示しています。 また、海外赴任を希望するメンバーには、仕事以外で週2回のカジュアルな英会話練習を行っています。

【人】

トーマツはメンバーそれぞれを大切にしています。他の日本人の同僚とは異なる経歴を持つ私に対して、パートナーたちは私のキャリア開発に非常に協力的です。私のスキルが他の同僚と100%同じではないことを完全に理解し、強みをうまく活用できる業務を割り当ててくれます。 また、いつも私が将来のキャリアで何をしたいのかと尋ねてくれます。そこから、私の個人的な好みや経歴を尊重し、さまざまなサポートをしてくれていると感じています。

リード・ザ・セルフ (Lead the Self)

リーダーシップの理論には、リード・ザ・セルフ(Lead the Self)から始まり、リード・ザ・ピープル (Lead the People)、そしてリード・ザ・ソサエティ(Lead the Society)という3段階の言葉があります。その中で、会計士として「リード・ザ・セルフ(Lead the Self)」は最も重要だと思っています。字面の通り、自分をリードすることですが、「自分が何をやりたいか」と「自分の現状」を両方とも理解できていることが重要です。
トーマツの中での業務も、グローバル監査、国際監査基準(IFRS)監査、IPO、アドバサリーなど、いろいろな選択肢があります。リクルート活動を通じて、多くの方から様々なアドバイスを受けていると思います。そのアドバイスを基に、自分自身がやりたいことを考え・知っていき、自分自身をリードしていってください。

My Holiday

アニメやゲームなどで一人の時間も満喫

友人と旅行や、仲の良い同僚とホーム・パーティー、食べ歩きをすることが多いです。一人の時間も大切し、アニメ、漫画、ゲームを楽しんでいます。その他、ドライフラワーアレンジメントの教室にも通っており、作品創作に没頭し、普段の生活と違うペースを味わっています。