先輩紹介

自分らしく、やりたいことにチャレンジできる場所

リスクアドバイザリー事業本部
マネージングディレクター
2018年入社

シェイク シャハリアル ホサイン

Sheikh Shariar Hossain

バングラディッシュで組み込みSEとしてキャリアをスタートし、2006年に来日。ロボティクス、eコマース、ERP(Enterprise Resource Planning)、フィンテックの分野で活動し、ソフトウェア開発・移行プロジェクトの管理者に登用される。2013年にはAIのリードエンジニアとして通信会社に入社し、ヒューマノイドロボット、IOT、自動運転車などの高度な技術製品を日本企業が開発する支援に携わる。2018年に有限責任監査法人トーマツ入社後、AIを用いて業界を跨ぐ革新的なソリューションを提案している。


多様性が尊重され、一人一人が気持ちよく働ける環境

トーマツのダイバーシティ&インクルージョンは他の企業と比べても高いレベルで実践されていると感じます。私のように生まれも育ちも日本ではない方でも、民族的なバックグラウンドに関わらず快適に働くことができます。トーマツメンバー一人ひとりが互いの弱みをそれぞれの強みで補いあってクライアントに最高の価値を提供しています。そういった環境で働けることが本当に楽しく、充実しています。

トーマツは新しい発見がある場所

トーマツで働くことは、何か新しいことに挑戦したり、既成概念を破る発想を得るチャンスです。今後のトレンドに向けて進化を続けているので、退屈することはありません。

My Holiday

キャンピングやスキー

私には様々な趣味があります。魚を飼って水槽を飾ったり、家庭菜園を楽しんだり、同僚や友人と毎年夏にキャンプに行ったり、冬にはスキーもします。その他にも魚釣りや旅行にも行きますし、SEを目指す学生に向けて大学で講義することもあるなど、プライベートはいつも忙しく過ごしています。