先輩紹介

徳永 枝里子
徳永 枝里子

多くの先輩の話を聞く事でキャリアの選択肢が広がり、目指したいキャリアモデルを見つけることができた

東日本第二事業部 (東京事務所)
スタッフ
2022年入社

徳永 枝里子

Eriko Tokunaga

新卒で一般事業会社に就職後、試験勉強を開始。トーマツ入社後は、第一事業部(現 東日本第二事業部)に配属され、様々な業種の監査業務とリクルート業務に携わっています。


公認会計士を目指した理由

私が公認会計士を目指したのは、会計のプロフェッショナルとして長く働き続けたいと思ったことがきっかけです。元々、証券会社に勤める父の影響で株式投資に興味を持ち、企業の業績や経済状況について数字を通して分析・把握することができる点に魅力を感じていましたが、社会人になってから公認会計士の方とお話する機会があり、会計のプロフェッショナルであり、かつ幅広い業務を行うことができるゼネラリストであるといった点に惹かれ、目指すようになりました。

社会人として働きながらの受験勉強は想像以上に大変でした。勉強時間確保のために、朝早く起きて計算問題を解き、通勤時間や昼休みに講義を受講し、終業後や休日には論点ごとにまとめて反復させる、といった具合に1日のスケジュールを計画的に立て、無駄なく過ごせるようにしていました。時間が限られた中での勉強は溜まった答練などをこなす日々に陥りがちです。論文学習期は特に、自分の理解・アウトプットと解答のギャップを埋めるために毎日のように専門学校の講師へ質問メール・電話をしていました。最終的には会社を退職して勉強に専念しましたが、働きながらの学習習慣は監査法人に勤めている今でも役に立っていると強く思います。

受験生・就活生に向けたメッセージ

受験勉強や体調管理など、心身ともに大変な日々をお過ごしかと思います。最後まで体調を崩されることなく、ご自身の悔いのない結果が残せるようお祈りしております。
論文式試験後はいよいよ就職活動が始まります。試験の結果が分からない中での就職活動に不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、ぜひ法人説明会をはじめとした様々なリクルートイベントに参加し、自分が働きたいと思う環境を見つけていただきたいと思います。私自身、監査法人以外の法人の説明会にも積極的に参加をしました。業務内容の理解が深まることは勿論、様々な職員の方との面談を通じてキャリアの選択肢が広がり、また、目指したいキャリアモデルを見つけることができた貴重な機会であったと思っています。

最終的に私がトーマツへの入社を決めた理由は、キャリアの選択肢が幅広く、また、一緒に働きたいと思う社員・職員の方が多くいらっしゃったからです。入社した今も、成長し続ける環境が整っていると実感しています。

皆さんも、ぜひリクルートイベントの機会を生かしてご自身に合った環境を見つけてください。そして、その選択がトーマツであれば大変嬉しく思います。

My Well-being

外出して気分をリフレッシュする

美術館や公園に出かけたり、おいしい食事やお酒を楽しんだりしています。最近は観劇にも興味があり、調べている最中です。写真は先日伺ったアートカフェで撮った写真です。作品の鑑賞・購入ができるカフェで、アーティストによるワークショップに参加することも出来ます。カフェの外にもアートがたくさんあり楽しむことができました。トーマツは有給休暇をしっかりとることができます。旅行も好きなので長期休暇を利用して海外旅行にも行きたいと思っています。

徳永 枝里子 My Well-being