先輩紹介

interview_photo_mhosoi
interview_sp_photo_mhosoi

監査で培った知見を武器にアドバイザリーに異動し、企業のさらなる成長をサポート

アドバイザリー事業本部
ファイナンシャルコンサルティング
シニアスタッフ
2010年入社

細井 陽

Minami Hosoi

入社後は主にIT業界の監査業務を担当。グローバル企業の日本・米国基準の監査、IFRS導入支援などを手掛ける。
2015年に、希望によりアドバイザリー事業本部 ファイナンシャルコンサルティングへ異動。
現在、M&A関連財務調査、内部統制などの支援業務を担当。


常にプロフェッショナルとしての意識が欠かせない

私は現在、M&Aを考えているクライアントの依頼により、買収前は財務調査および関連する助言を行い、買収後は管理体制の確立支援など幅広いアドバイザリー業務を提供しています。これまでメーカー、IT、投資ファンド、教育、製薬、不動産など様々な業種を担当。常に新たな発見があり、新鮮な気持ちで業務に臨んでいます。クライアントのニーズに応えるためには、業界知見や投資・経営の意思決定に必要な情報の把握・識別が求められるため、常にアンテナを張り、プロとして高い意識を持って仕事に臨んでいます。

+αの強みがある会計士として着実な成長を実感

M&Aは企業にとって大きな転機。巨額の資金が動くことも多いので責任重大です。無事にM&Aが決まったときはもちろん、M&Aすべきでないことにいち早く気づき損害を回避できたときにも大きなやりがいを感じます。アドバイザリー事業本部に異動して1年半ですが、今の業務を実施するうえで会計監査で培った経験が大いに生かされており、より幅広い知識を持った専門性の高い会計士として着実に成長できていると思います。今後はさらに幅広いアドバイザリー業務に挑戦し、とりわけ今手掛けているM&Aに強い会計士としてキャリアアップしたいです。入社後は多くの人が監査部門からスタートしますが、私のように監査の仕事をひと通り経験した後、他の仕事にチャレンジしたくなる人も多いと思います。そんなときも、多くの部署やグループ会社があり、転職することなく異動によって希望する多様なキャリアが描ける。それがトーマツで働く大きな魅力の一つだと思います。

My Holiday

美しい和の音色に浸ることでリフレッシュ

大人になってから習い始めた琴と三味線にはまっています。習い始めてから5年程度は経ちますが、年に何度かある演奏会に向けて週末は必ず練習しています。平日も、朝の出勤前や帰宅後にわずかな時間があれば弦に触れています。上達する喜びもありますが、音色に集中していると、とても気持ちが落ち着きます。教えるための免許もいただけたので、歳を重ねてリタイアしたら教室を開くのも良いかなと思っています。

細井 陽