先輩紹介

トーマツは社員・職員だけでなく、 その家族にも優しい法人です

第二事業部(名古屋事務所)
マネジャー
2006年入社

秋山 良美

Yoshimi Akiyama

2006年東京事務所入社。主に卸売業、製造業、外食産業などの監査を担当する。
2010年結婚を機に名古屋事務所へ異動。2度の産休育休を経て復職し、現在はFWPの時短勤務を利用し、業務と育児の両立を図っている。


働きやすい環境が整っています

私は、2010年の結婚を機に東京事務所から名古屋事務所に異動しました。新しい事務所でも「チームの一員として、品質の高い監査・保証業務を提供する」ことに変わりはなく、違和感なく働けるのは、トーマツの大きな魅力の一つであると実感しています。監査・保証業務は年間のスケジュールがおおむね決まっているので、ワークライフバランスが調整しやすいのも助かっています。COVID-19による渡航制限前は、閑散期を利用して短期留学に行く同僚もおり、周囲も応援していました。

自分の希望に沿った働き方ができます

第一子が保育園に通い始めたタイミングで、FWPの利用を始めました。チームメンバーも協力的で、家庭を優先したい時や仕事を優先したい時と、メリハリをつけた働き方が叶えられています。育休中に乳児を連れて会社に顔を出す人もいます。私も復職前は子どもと一緒に会社で面談を受けたことがあります。トーマツには年に1回、家族を職場に連れて行くことができるFamily Dayがあり、昨年はCOVID-19の影響でリモート開催となりましたが、クイズを出し合うなどいつもとても盛り上がるイベントです。トーマツは社員・職員だけでなく、その家族も大切にする法人だと思います。

地域を越えた連携がさらに強まりました

COVID-19によりリモートワークが当たり前になり、最近は全国規模のオンラインミーティングが増えました。特に全国レベルのプロジェクトが発足した際は、各地域からメンバーがアサインされます。対面の機会が減ったことは残念ですが、地域を越えた連携はさらに強まったと感じています。New Normalでも、そのような良い変化は残していきたいと思います。公認会計士は、働き方を自分でコントロールしながら一生続けられる仕事です。今後は、家族の変化に合わせて柔軟に働き方を変えて、家庭も仕事もさらに充実させていきたいと考えています。

FWP制度については、こちらをご覧ください。

My Holiday

子どもたちと花をみながら公園を散策

天気の良い休日は、子どもたちと近所の公園で遊んだり、少し遠くの緑地まで足を延ばして散策したりして過ごしています。花を見つけては立ち止まり、虫を見つけてはじっと観察し、家では一緒に図鑑とにらめっこをしています。
いまの状況が落ち着いたら、飛行機に乗って旅行に行ったり、博物館巡りをしたいと思っています。