有限責任監査法人トーマツ
定期採用サイト

制度で見るトーマツ 制度で見るトーマツ

研修制度

  • 人財育成の基本概念

    「人財」こそがトーマツの品質の基盤

    トーマツの人財育成の基本理念は、「経済社会からの要請に真摯な姿勢で誠実に対応し、高品質な業務を提供する、信頼性の高いプロフェッショナルを育成・輩出する」ことです。この実現のために、一人ひとりの経験や能力、求められる専門性に応じた多種多様なカリキュラムを充実させ、知識やスキルの習得にとどまらず、健全な経済社会の発展に貢献し、高い志を兼ね備えたプロフェッショナルの育成に取り組んでいます。高品質な業務を提供し続けるため、社員・職員に明確な期待役割を設定のうえ、技量・能力を監査の現場や研修で磨きつつ、上位者やアセッサーとの面談や頻繁なフィードバックを通じて成長を促進しています。

  • 人財育成サイクル

  • 評価制度

    育成に重点を置き、成長を加速する評価制度(RPM)

    RPMRe-inventing Performance Management)

    グローバルと共通のツールを5つ用いて「継続的なフィードバック」「適時のパフォーマンス確認」を行うことで、一人ひとりの日々の成長をバックアップします。

    評価制度

  • アナリティクス関連の
    研修プログラム

    技術領域の基礎的な理解を促進するためにグローバル共通で展開しているコンテンツを用いて研修を行っています。 (監査ブロックチェーン、RPA、デジタル、クラウド、loT、アナリティクスなど)

  • 短期
    Exchangeプログラム

    2018年からDeloitte APへ参画したことを機に、豪州や中国、東南アジアのDeloitte AP構成国のメンバーファームとの間で8~12週間の職員交換プログラムを開始し、海外の文化に触れ、グローバル対応力を身につけることを進めています。

  • リベラル・アーツ研修

    人間力を高め、リーダーとしての高い視座からの洞察力を養い、非日常に直面した際にも適切に対応できる能力を育むことを目的として、外部機関が提供するリーダー向けリベラル・アーツプログラムへの派遣を進めています。

キャリアサポート

  • 職位紹介

    プロフェッショナルとしての多様なキャリアを支援

    トーマツは、多様化する社会や関与先のニーズに応えるため、総合力を発揮できる組織を構築し、創造的で先見性に富んだサービスの提供を目指しています。これらの活動の基盤は、品質を重視する文化と、多種多様なプロフェッショナルです。トーマツでは、監査・保証業務のみならずリスクアドバイザリー、コンサルティングやファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務といったサービスの枠を越えた協働を実践できる人財を育成するために、多様な経験を積み、知見を深めることができるチャンスと、自分が思い描いたキャリアを創り出せる環境を用意しています。

    職位紹介

  • 人事異動

    トーマツとして優秀な人財を育成・活用していくため、他部門やグループ法人への異動などにフレキシブルに対応し、多様なキャリアパスを可能にしています。また、品質管理や人財育成などを担当するミドルオフィス部門に異動し、それまでの経験・知識を糧にクライアントサービスをサポートする形での活躍も可能です。

    人事異動

  • 自己申告制度

    法人に対して、業務従事・異動希望などに関する本人の希望を伝えることができます(年1回実施)。

    自己申告制度グラフ

  • アセッサー制度

    職員一人ひとりの適性・志向に合わせたキャリア形成が実現できるよう、経験豊富な先輩の社員・職員がサポート役のアセッサーとしてつき、面談により長所や成長課題などに関するフィードバックを得るとともに将来のキャリアなどについて随時相談できるようサポート体制を整えています。

    アセッサーがキャリアの伴走者として成長をサポートします

    • 成長・育成状況をモニタリングする
    • 中長期的なキャリアに対してアドバイスを行う
    • 長所や成長課題のとりまとめ・上長との連携

    アセッサー制度

  • キャリアプラン_1(国内)多様なキャリアプラン

  • キャリアプラン_2グローバル人材育成全体像

    戦略的なグローバル人財育成を推進

    海外展開を拡大する企業が抱える課題に対応できる、グローバル人財の育成を強化しています。そのために各種派遣プログラムを用意しています。インダストリーや企業のニーズにフォーカスした戦略的な海外派遣も実施しており、企業の多様化するビジネスに対応できる知見の習得が可能です。
    また、デロイトと協働して研修を開発するなど、世界各国のメンバーファームと人財の相互交流を行うことによって、グローバルでのサービス提供を可能にする体制を整えています。各国で得た知識やネットワーク・異文化での業務経験を日本の実務で生かすための仕組みづくりも推進しています。

    職員のグローバル人財育成全体像

    グローバル人材育成全体像

  • 海外短期派遣制度

    人財育成を目的に海外事務所のメンバーとして監査業務を担当する短期(1~3カ月)の派遣です。海外短期派遣はここ2年ほどコロナ禍の影響もあり全てバーチャル派遣の形で実施していましたが、2023年2月より一部現地赴任を再開しています。

  • タレントセレクト(海外研修生制度)

    海外短期派遣同様、人財育成を目的として現地監査業務を実施しますが、期間が中期(18~24カ月)という点が特徴です。特定の海外ファームに派遣され、現地の監査デリバリーを経験し、グローバル監査を主導する力を養います。

  • A&A事業派遣

    Deloitte GlobalやDeloitte Asia Pacificが進める様々なプロジェクトの拠点への派遣です。期間は12~24カ月で、日本からリモートで関与する場合もあります。
    デロイトのメンバーファームが共通して使用する監査ツールや研修教材の開発/展開、GlobalやAP横断での品質/リスク管理強化など内容は様々で、派遣者は世界中から参画するメンバーとともにプロジェクト拠点に一堂に集ってその推進をリードする役割を担います。

  • ビジネスセレクト(海外駐在員制度)

    ビジネスにフォーカスした長期(3年程度)の派遣です。海外事務所における日本企業のサポートを主たる任務としており、派遣者は日本と海外の橋渡し役としてあらゆる業務をリードしています。

  • DUAP研修

    Deloitte Globalでは、デロイト文化に焦点を当てた最新の教育研修センターであるDeloitte University(DU)を全世界7カ所に開設しており、アジア太平洋地域のプロフェッショナルを対象としたDeloitte University Asia Pacific(DUAP)が2016年シンガポールに開設されました。
    DUでは「つながり」と「リーダーシップ」の原則に根差したリーダー育成のための高度な研修が提供されており、トーマツではマネジャー以上のリーダー人財のさらなる成長の機会としてプログラムを提供しています。

    プログラム参加者による記念撮影

    DUAPファシリティ外観

  • その他の語学支援制度

    自己学習の促進として、オンライン英会話やライティング講座および一部通学講座の受講料補助を行っています。加えて学習の継続・習慣化をサポートする仕組みとして、職員がチームを組んで英語学習のモチベーションを高め合う施策も導入しています(EGG)。また、学習効果の計測のためTOEICの受講料補助も行い、グローバルに通用する基礎的な語学スキル習得を支援しています。

その他の制度

  • 休業制度産前・産後・育児・不妊治療・介護

    産前講座の実施・産後ケア教室の利用補助

    妊娠、出産、育児と両立しながらキャリアをつくる女性が、長期的にモチベーションを維持しながら活躍できるサポートプログラムが充実しています。オンラインにより自宅からでも参加することができ、産前講座は男性も積極的に受講しています。

    配偶者/パートナー育休取得促進への取り組み

    制度や取得者の体験談を掲載したマニュアルを作成・展開したり、取得経験者との交流会を実施し、制度理解や取得促進に取り組んでいます。

    育児コンシェルジュ

    育児のエキスパートであるコンシェルジュが常駐し、育児にまつわるあらゆる相談を受けつけ、悩みを解決するサービスです。
    保育園探しやお子さんの受験相談まで子育てに関する相談について、なんでも相談できます。

  • 休暇制度結婚・配偶者出産・育児参加奨励・介護

    休職者交流会(Hello! Baby)

    育児休職中のメンバーが赤ちゃんと一緒に参加できる交流会を実施しています。
    休職期間中の組織の変化をキャッチアップするとともに、先輩メンバーとの交流を通じて復職後の両立や働き方など具体的なイメージを持てるようサポートする目的です。

    ※ 現在はオンラインで実施中

    配偶者/パートナー育休取得促進への取り組み

    制度や取得者の体験談を掲載したマニュアルを作成・展開したり、取得経験者との交流会を実施し、制度理解や取得促進に取り組んでいます。

  • 勤務制度FWP

    フレキシブル・ワーキング・プログラム(FWP)

    妊娠・育児・介護・不妊治療と仕事を両立するメンバーが、バランスを保ちながらキャリアアップを目指せるよう、短日勤務や短時間勤務、業務量の軽減、休職など様々な働き方の中から選択することができます。

    在宅勤務

    スマートワークの一環として在宅勤務を導入しており、100%に近いメンバーが活用しています。全社的にフレキシブルなワークスタイルを実現しています。

  • 両立支援制度

    両立支援制度(結婚~育児/介護)

    両立支援制度表

    監査法人初の「くるみん」マークの取得

    仕事と生活の調和を図りやすい雇用環境の整備を目的とした様々な活動の実績が認められ、2013年に国内監査法人で初めてくるみんマークを取得しました。

    くるみんマークとは

    次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、計画に定めた目標を達成し、一定の基準を満たした企業は、申請を行うことによって「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定(くるみん認定)を受けることができます。

監査ツール

  • 財務諸表の不正検知AI不正検知モデル

    「不正検知モデル」は、上場企業の過去の不適切な財務データをAI・機械学習モデルに学習させることにより、会社・勘定科目等単位で不正の兆候検知を可能にするものです。監査人は監査先から財務データを入手し、不正検知モデルにデータを投入することで、当該モデルによる不正スコアの計算が実施され、不正リスクが高い会社、勘定科目及び財務指標等を識別することができます。これにより監査人は不正リスクの分析を効率的に行うとともに、検知された不正の兆候に基づいて監査先企業との議論をより深化させることで、企業の内部統制やガバナンス向上に貢献します。

  • 会計士の熟練知見を学習したAIAudit Suite Text Reviewer
    (AS Text Reviewer)

    「AS Text Reviewer」は、熟練会計士の知見・ノウハウを学習したAIが大量の専門文書から監査に必要な情報を抽出できる最先端の監査ツールです。ポイントを絞った監査手続を効率的に実施できるほか、早期のリスク検知や洞察の提供を通じてサプライズのない高品質な監査を推進します。

  • 内外情報を統合した情報基盤Audit Suite Knowledge(AS Knowledge)

    外部(開示情報、ニュース、業界レポート等)と内部情報(監査や品質管理において生成する情報)を統合した情報基盤です。リアルタイムな情報収集やリスク評価を実施し、監査時間の大幅削減を実現します。

    AS Knowledge概要

  • オンライン・コミュニケーションDeloitte Connect

    プロマネもできるコミュニケーションツール

    監査先企業と監査チームの間の安全なオンライン・コミュニケーションを提供し、監査の中で発生する情報や大容量のファイルの授受を効率的に進めることができます。また、チーム内部のみでの利用もでき、タスク機能やカレンダー機能を活用するなどして、プロマネのための活用にも大変有益なツールです。

  • 紙書類のPDFファイル化Scanlens+

    スマートフォンでいつでもどこでも紙資料を共有

    紙書類を撮影してPDFファイル化、そのファイルを監査チームがWeb画面経由でダウンロードできるサービス。OCR(文字認識機能)により、撮影した書類の文字を認識しテキストデータ化します。紙資料の持ち運びによる情報漏洩リスクも低減できます。

    Scanlens+概要

  • 残高確認オンラインサービスBalance Gateway®

    「Balance Gateway®」は、もともとトーマツが独自で開発した、国内監査法人初の残高確認オンラインサービスです。紙を何度も郵送する手間と時間を大幅に削減でき、Web上での情報伝達や手続状況の視覚化など多くのメリットがあり、監査先企業、確認回答者、トーマツの3者がスピーディに手続きを進めることが可能になりました。

    Balance Gateway概要

  • 定型業務の効率化トーマツ監査イノベーション&
    デリバリーセンター(AIDC)

    監査手続には、銀行確認状の回収のような様々な定型的手続が存在します。私たちは、このような手続を徹底的に標準化し、AIDCに集約することで効率化を実現しています。AIDCには、当該業務に習熟したスタッフが多数配置されており、定型化された標準業務を大量に実施することで、高い精度で効率的に業務を実施することができます。

© 2024. For information, contact Deloitte Touche Tohmatsu LLC.
著作権ならびにその他の利用規定については、利用規定をご覧ください。
Deloitte(デロイト)とは、英国の法令に基づく保証有限責任会社であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)ならびにそのネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびその関係会社のひとつまたは複数を指します。DTTLおよび各メンバーファームはそれぞれ法的に独立した別個の組織体です。DTTL(または“Deloitte Global”)はクライアントへのサービス提供を行いません。Deloitteのメンバーファームによるグローバルネットワークの詳細は「デロイト トーマツ グループおよびデロイトについて」をご覧ください。