FAQ

※下記に記載のないご質問について

よくお問い合わせいただく内容を、Q&A集としてまとめております。
疑問や質問が当ページにない場合、マイページより受け付けております。
こちらの画面からログインの上、ご連絡ください。

Q1:トーマツはどのような風土ですか。

A:新人を育てようとする風土があると思います。私は1年目からこれほど重要な業務を多く任せてもらえるとは思っていませんでした。
また、自ら手を挙げれば、積極的に業務を任せてもらえます。
一人のプロフェッショナルとして意見を求められることや会社担当者の方との議論の機会も多く、トーマツには常に成長する機会を与えてくれる先輩方がいると感じています。
〔金融 スタッフ〕

Q2:法人内ではどのような雰囲気で業務が行われていますか。

A:トーマツの組織の特徴はオープン&フラットです。事務所では職位に関係なく「~さん」と呼び合い、パートナーからスタッフまで、包括代表も含めて、気軽にコミュニケーションが取れる雰囲気です。
各チームで独自の空気がありますが、オープン&フラットな雰囲気は共通していると思います。監査現場も事務所の雰囲気と同様で、分からない事などは気軽に質問でき、質問には先輩が丁寧に教えてくれます。
〔監査 マネジャー〕

A:私は、大きなクライアント1社に張り付きで監査を行っておりますが、長い間同じチームで業務を行うため、チームには家族のような雰囲気があります。
監査は個人作業が多いため、集中し黙々と作業していることが多いです。基本的には温厚な先輩方ですが、業務に関してはプロ意識が高く、時には厳しい指導を受けることもあります。
業務後にはチームの先輩・同僚と一緒に食事に行く機会も多く、とても良い関係を築けていると思います。
〔金融 スタッフ〕

Q3:トーマツにはどのような人材育成制度がありますか。

A:法人としての人材育成は大きく分けて「①現場でのOJT」「②事務所でのOff-JT」に分けられます。
①「現場でのOJT」は、キャリアの伴走者となる「アセッサー」を一人ひとりに割り当て、各監査チームでの業務の状況や本人のキャリアなどについてコミュニケーションを取る形を整えています。
②「事務所でのOff-JT」は、会計士として必要な知識・スキルを伸ばすためのディスカッション型の研修を充実させています。また、研修受講の利便性を高めるため、知識系の研修は多くをe-Learning化し、いつでもどこでも受講できるような体制を整えています。研修は日本国内で企画されるものはもちろん、グローバル(デロイト)にて企画されるものも数多く用意しています。(英語版もあれば、日本語化したものもあります)
なお、グローバルな視野や語学力を養うための各種海外派遣制度も設けています。(次項参照)
また、本人のキャリアの希望等を法人が把握・対応するための仕組みとして、年に一度「自己申告制度」も設けています。
〔人事〕

Q4:海外派遣制度について教えてください。

A:海外への派遣制度は、「語学を学ぶ」ための3カ月の研修のほか、「業務を実施する」ための派遣制度としては、中期(18~24カ月)で海外事務所の一スタッフとして業務を担当する形の「タレントセレクト」制度、また、長期(4年程度)で海外事務所における日本企業サポートを主たる任務とする駐在員としての「ビジネスセレクト」制度があります。
〔人事〕

A : 海外派遣制度には大きく分けると、①ローカルチームに入ってサービスデリバリーを行う「タレントセレクト」制度と、海外に進出している日系企業と現地デロイトの間に入って駐在員として主に営業活動を行う「ビジネスセレクト」制度があります。 私は上海事務所に駐在しておりましたが、そこで営業のイロハを学びました。
よく現地日系企業が関心を持っている旬なトピックを題材にしてセミナーを開催し、アンケートのフォローアップという名目で潜在的クライアントへ訪問しました。海外で頑張っている企業の手助けを出来るのが駐在員の醍醐味と言えます。このようにグローバルに活躍できるフィールドとそこで活躍したい人々の手助けとなる制度がトーマツにはあります。
〔金融 シニアマネジャー〕

Q5:自己申告制度について教えてください。

A:自分自身で目標課題、キャリアプラン・法人に対する希望を申告し、目標に向けてのサポートを求めることができます。
海外勤務希望、他業務領域・他部署への異動希望や、担当したい業種の希望など自分の望む仕事に手を挙げやすい環境が整えられています。
〔人事〕

A:私は金融部門所属で金融機関の監査しか行ってきませんでしたが、自己申告制度を利用することによって、現在は監査部門のクライアントである一般事業会社の監査業務に従事しています。
金融機関の監査との違いを肌で感じながら、入社1年目のような新鮮な気持ちで一般事業会社の監査業務を学んでいます。
このような刺激的な環境に身をおくことができているのは自己申告制度など、自分の希望を伝える機会があり、それを実現できる文化が法人に浸透しているからだと思います。一般事業会社の監査で学んだことを持ち帰り、金融機関の監査においても活かしたいと思います。
〔金融 スタッフ〕

Q6:研修制度について教えてください。

A:一人ひとりが、求める人材像に着実に近づけように、職位ランク別に期待される役割が明確に定められ、当該役割を果たすために各職位で必要となるベーススキル・プロフェッショナルスキルおよびソフトスキルが研修を通して確実に身につくよう、各スキルの十分な習得機会と、習得したスキルを業務に即座に活かすことができる実践的な研修内容を提供しています。
特に、新人研修は約2カ月の期間を設定しており、ビジネスマナーや監査の具体的な局面を想定した手続きなど現場で役立つ内容を学びながら、同期とのネットワークも構築できるため、毎年のアンケートで好評となっています。
また、繁忙期の前には、監査で重点的に見るべきポイントを確認するための研修も開かれています。
ビジネスマナーやパソコンの基礎、監査実務の基礎を学ぶ研修です。1年次にはその後、所属する部署を中心に、適宜監査実務に関するさまざまな研修を受講していただくこととなります。
〔人事〕

A:トーマツに入って驚いたことの一つに充実した研修制度があります。
約2カ月以上にもおよぶ全体での新人研修、その後の約2週間の配属部門での研修は非常に充実したものでした。ディスカッション形式の研修では監査に関する知識のみならず、監査人に必要不可欠な対話能力も同時に学ぶことが出来るなど、トーマツの研修は密度の濃いものとなっています。
現場に出てからは指定研修や任意研修、e-Learningを利用し、必要な知識のアップデートを行っています。
さらに私は将来海外でも働きたいと考えているので、グローバルイングリッシュというインターネットでの英会話学習プログラムを利用しています。
〔監査 スタッフ〕

Q7:休暇および休日出勤の有無について教えてください。

A:土曜・日曜・祝祭日、年末年始(7日)、夏期休暇(5日)、年次有給休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、受験休暇、トーマツ休日、部門休日のような各種休暇があります。 休日出勤については、繁忙期の他、担当する会社の日程および業務の状況によっては、土曜・日曜・祝祭日に出勤する場合があります。
年次有給休暇は、一日単位はもちろん、半日もしくは時間単位での取得も可能です。
〔人事〕

Q8:採用に関して既卒や、年齢等の制限はどの程度ありますか。

A:採用は公認会計士試験全科目合格者を対象としておりますが、年齢等に関しては制限は定めておりません。
〔人事〕

Q9:地方での採用はどのようにして行われますか。

A:東京事務所を含め、各地区事務所の採用は個々の地区事務所の裁量によって実施しております。採用情報は定期採用サイトのRecruitで各地区事務所が更新予定ですのでご確認ください。
〔人事〕

Q10:補習所への参加は優先されますか。

A:補習所へ出席できるよう考慮しています。出張の日程も補習所の出席を考慮して、できるだけ補習所に行けるように日程調整されます。
〔人事〕

Q11:配属はどのように決定されますか。

A:入社時にアンケートを実施致します。希望の部門に配属できるよう最大限考慮して初任部門への配属を行っております。
また部門配属後も、優秀な人材を育成・活用していくため、業務領域間の異動や事務所の異動などフレキシブルに対応しております。
〔人事〕

Q12:ワークライフバランスについて教えてください。

A:個々が最大限のパフォーマンスを発揮するために、仕事とプライベートの両立を図る制度や社内プロジェクトとして、TWinプロジェクトの活動等を充実させています。また、デロイトトーマツグループ全体、監査法人全体でも「働き方改革」を重点施策としてプロジェクトを組成し、各種の施策の検討や一部施策の導入などが進んでいます。
〔人事〕

A:仕事は毎日行うものなので、前日の疲れを翌日に持ち込まないよう気をつけています。
そのために、常に自分で決めた「時間」を念頭に置きながら、何をすべきかを考えながら働くようにし、オフの時間は、自分の好きなことをたくさんしています。
休日はスポーツクラブに行ったり、友達と飲みに行ったり、心身ともにリフレッシュするようにしています。
〔監査 シニアスタッフ〕

A:繁忙期は残業が多くなり深夜まで働くこともありますが、閑散期にはトーマツ休日や部門休日に有給などを合わせて長期の休みを取ることも可能なので、ONとOFFのメリハリをつけられる働きやすい仕事だと思います。
私は6月にまとめて休暇をとり、2週間ほど海外旅行に行ってきました。
〔監査 スタッフ〕

Q13:女性の待遇について教えてください。

A:当法人において実績を残した人材に対しては職務と貢献度に応じた処遇を行うという考え方が徹底されており、キャリアに関して男女に差はありません。
女性に限らず職員が最大限のパフォーマンスを発揮するため、FWP(フレキシブルワーキングプログラム)制度を中心に、各人のライフステージを支える各種制度を充実させています。
〔人事〕

A:トーマツは全職員のうち約27%が女性だそうです。業務上女性だからといって特別扱いをされたことはありません。
ただ、出産・育児などで従前通りとは違った働き方が求められる可能性がある点では、男性と異なりますが、FWP(フレキシブルワーキングプログラム)制度を使って家庭と仕事を両立されている方が集まって情報交換などをしている会もあるので(TWinプロジェクト)、自分もそういう局面に出会ったら、いろいろお話を聞きたいなと思っています。
〔金融 マネジャー〕

Q14:出産・育児に関する制度について教えてください。

A:産前産後休暇制度により、法定の産前6週間、産後8週間の休暇をとることができます。
また、FWP制度としては、育児休暇については、法定(最大1歳半まで)を「最大3歳まで」の休職を可能としたり、妊娠から小学校卒業までの間は「勤務の開始・終了の時間をずらす」「業務量を軽減する」ことを可能としています。
更には、妊娠・出産に至る前の段階のサポートとして、不妊治療のための休職制度を「最大12カ月(1カ月単位)」で設けており、男女ともに利用が可能です。
〔人事〕

A:私は出産前後において出産・育児制度を利用しました。
具体的には出産前は体調が悪かったので、部門と所属チームと話し合い、定時で上がれるよう配慮していただきました。出産後には育児休暇を約1年取り、その後現場に復帰しました。復帰した際にも皆さんに暖かく向かえていただき、問題なく業務に関与することができました。
復帰後にはFWPを利用し子どもが1~2歳の時には就業時間を1時間短縮、2~3歳では30分の短縮、3~5歳では残業なしという形で働きました。
現在は、子どもが大きくなり、自分も両立が無理なくできるようになったのでFWP制度を利用せずに働いております。このようにトーマツは周りの理解を得ながら、ワークライフマネジメントできる組織だと思います。
〔トータルサービス マネジャー〕