先輩紹介

公正な立場である第三者でありながら企業に深く関わり、伴走できる存在

東日本第二事業部(東京事務所)
マネジャー
2013年入社

小島 一晃

Kazuaki Kojima

入社以来幅広い規模の企業における会計監査を中心に経験。担当した監査先はメーカー・物流・IT・商社など業種や規模も多岐にわたる。税理士法人との連携担当を担うなど、他ビジネスとの連携を深める活動にも従事している。


デロイト ネットワークのつながりが、大きな強み

私は物流、IT、メーカーなど幅広い業種・規模の企業を担当し、会社法・金商法の監査、海外に親会社がある企業のリファーラル業務、アニュアルレポートの監査といった監査・保証業務に加え、監査の中での指導的機能、アドバイザリー業務の提供を行っています。企業の適正な財務報告や内部統制の向上を実現するためには、社内規程や各部署のフローチャートをチェックするなど、現場やマネジメントへヒアリングを行う必要があります。公正な立場にある第三者でありながら企業の内部深くにまで入り込み、俯瞰的にとらえながら経営改善のための提言を行うのは、ほかの仕事ではなかなか味わえない公認会計士ならではの貴重な経験であるとともに醍醐味だと感じています。また、企業の課題を解決するため、アドバイザリー、コンサルティング、税務、法務、海外メンバーファームなど各分野の専門家と協業することが多々あります。共通のポリシーのもとで運営されているデロイト ネットワークのつながりが、トーマツの最大の強みです。私は税理士法人と監査法人の連携担当も担っており、定期的にミーティングを重ねてよりシームレスに連携できるようつながりを深めています。

これからの監査は指導的機能が求められる

監査はチェック業務と思われがちですが、ガバナンスの向上や業務効率化、外部に情報発信する際の提言など、指導的機能も非常に重要です。近年では非財務情報の開示など、公認会計士に求められるフィールドも広がってきており、様々なアプローチで企業の価値向上に寄与したいと思います。

My Well-being

デスクワークが中心であることに加え、最近ではリモートワークも増え、ますます動かなくなってしまったので、土日は外に出るようにしています。自身が幹事を務め、有志による駅伝チームやゴルフを企画するなど、社内のメンバーとも交流を深めています。