先輩紹介

interview_photo_nkozono
interview_sp_photo_nkozono

トーマツに入社した一番の理由は、発展途上国の支援に繋がる業務があったこと

PSHC事業部
スタッフ
2017年入社

小園 直子

Naoko Kozono

入社後、パブリックセクター・ヘルスケア事業部(PSHC事業部)に配属され、独立行政法人や社会福祉法人などの監査業務、OJTとして民間(上場会社1社、非上場会社1社)の監査業務を担当。


会計士を目指したきっかけ

私が会計士を目指したきっかけは、両親の影響があったからです。父は税理士をしており、私が幼いころから公認会計士という職業は身近な存在でした。また、会計士になることは、私が中学生の時に他界した、父の夢でもありました。いま、こうして働くようになり、父にも、そして受験時代を支えてくれた母の想いにも応えられたのではないかと思います。

トーマツに決めた理由、トーマツで良かったこと

将来、仕事を通じて、発展途上国の支援に繋がることに携わりたいという想いがあり、大学1年時に夏休みを利用してフィリピンへ海外ボランティアに行きました。助ける側で行ったのに、現地の方々に助けられることばかりで、役割を果たせた実感がなく、不甲斐ない思いをしました。トーマツでの面接で、この経験を話したところ、共感してくれるパートナーに出会い、発展途上国の支援に繋がる業務があることを知り、迷わず入社を決めました。
トーマツに入って良かったと感じていることは、同期の仲間に恵まれたことです。今年はPSHC事業部の所属者が多いこともあり、同期同士での一体感が強いと思います。仕事上で分からないことは共有し、繁忙期をみんなで乗り切ろうと助け合いました。また繁忙期間後には打ち上げに行ったり、旅行に行ったりと交流は続いており、トーマツのPSHC事業部に所属出来て本当に良かったと実感しています。

My Holiday

同期と一緒に料理教室に通い、パン作りを楽しんでいます

休日は学生時代の友人との旅行や同期との食事など、外出をして過ごすことが多いです。
最近では、同期と料理教室に通い、特にパン作りに興味を持っています。写真は3種のカレーを作った時のものです。

小園 直子