先輩紹介

監査とシステムの両方に精通し、企業が抱える様々な リスクを防ぐ

リスクアドバイザリー事業本部(東京事務所)
マネジャー
2006年入社

足立 志史

Shifumi Adachi

入社後、メガバンクのPCAOB基準(米国公開企業会計監視委員会:Public Company Accounting Oversight Board)の会計監査業務を担当。
現在は、大手金融関連企業の財務諸表監査と内部統制監査におけるIT統制の評価を担当。
FWP制度を利用し、子どもの成長に応じて勤務時間や勤務体系を調整しながら勤務している。


CA(コントロール・アシュアランス)金融部門では、金融クライアントを対象としたIT統制の評価、システムリスクやプロジェクト評価などを行っています。

私は大手金融関連企業の財務諸表監査と内部統制監査におけるIT統制の評価を担当しています。具体的には、どのようなシステムを使って数字を出しているのかの確認や、数字の元データや結果データにつき誰が入力・承認権限を持っているのか、セキュリティ面まで幅広くチェックし、必要に応じてアドバイスを行います。

金融業務のほぼ全てがシステム化されている今、監査を行ううえでITの知識やスキルは不可欠です。現在の部署に異動した直後はシステムに関する知識はないに等しい状態でしたが、アプリ、データベース、OSなどシステム分野ごとの専門知識を持つメンバーと協力し、私の経験してきた金融監査のスキルと合わせることで課題を解決しています。それぞれの強みを生かし、チームワークで目標をクリアしていくのがこの仕事の面白さです。

また、金融クライアントに対する会計監査とIT統制の評価を経験することで、金融ビジネスの業務や会計処理はもちろん、システムに対する理解も加わり、会計、金融、システムの3つの領域を自分の専門にすることができました。

最新の監査システムに対応するため、常に情報のキャッチアップをしながら、新たな業務にも積極的にチャレンジしていきたいです。

FWP制度については、こちらをご覧ください。

My Holiday

毎年夏には、家族4名で海外旅行へ

毎年8月になると、約1週間、家族で海外旅行を楽しんでいます。ハワイやバリ、シンガポールなど暑さを感じる南の国に行って、プールでのんびり過ごすことが多いです。写真はシンガポールに行ったときのもので、子どもたちはもちろん、私や夫も大満喫しました。子どもたちがもう少し大きくなったらダイビングなどにも挑戦したいです。

足立 志史 My Holiday