先輩紹介

濱田 温子
濱田 温子

様々な知見や経験を持つ専門家がチームとなり、あらゆる可能性を先々まで見通す

リスクアドバイザリー事業本部(東京事務所)
シニアスタッフ
2013年入社

濱田 温子

Atsuko Hamada

2013年に入社後、東京事務所にて監査業務を中心に担当。
2019年リスクアドバイザリー事業本部へ異動後は、おもにM&Aなどの対象となる海外事業会社の財務デューデリジェンス業務に関与している。


M&Aなどの対象となる海外事業会社の財務デューデリジェンス業務や、バリュエーションと呼ばれる企業価値評価業務、無形資産評価業務などを行っています。M&Aの対象となる会社は業種も規模も様々で経理体制などが十分でないことも多々ありますが、大手企業の監査に関わる中で、組織としてどのような体制を整えるべきかといった「模範例」を多く見聞きしてきた経験を生かし、対象企業に不足している点などの課題を洗い出し、予想できるリスクを先々までとらえてクライアントに情報提供するのが私の役割です。

トーマツでは部門を越えてプロジェクトチームを結成することが頻繁にあるのですが、様々な知見を持ったメンバーと一緒に仕事をすることができるため、より高度な専門知識や経験値が得られ、多角的に捉える視野を養えることができたと感じています。また、トーマツは個人の希望を尊重してくれる風土があると感じます。私自身も、もっとクライアントに近い立場での仕事がしたいという思いから、アドバイザリー業務に興味を持ちました。また、関与したい監査クライアントがあったので、1年間の兼務を希望し、実現させてもらいました。

日々の業務を通して感じるのは、国内外いずれの業務であっても、会計士には高いコミュニケーションスキルが不可欠だということです。クライアントと信頼関係が築けていくと、クライアントが抱えている様々な悩みに気づかされます。そこに会計士という財務・会計の専門家の視点が加わることで、停滞していた課題が進みだす、といった場面を多く見てきました。今後はそういった問題点や困っている点に気づける高い専門性を身につけ、クライアントの良き理解者、相談者となり、改善に向けて動き出すための潤滑剤のような存在でありたいです。

My Holiday

海外旅行で英語力の再確認

アフター5や普段の休日は、ダンスやピラティスで体を動かしています。長期休暇になると海外旅行を計画し、英語を使ったコミュニケーションで英語力をキープするよう心がけています。特に語学研修で訪れたオックスフォードは、古き良きイギリスの魅力を感じる大好きな場所の一つです。

濱田 温子 My Holiday