先輩紹介

クライアントと並走しながら、 幾多の困難を乗り越え株式上場を目指す

第一事業部(東京事務所) 
シニアマネジャー
2007年入社

滝 雅弘

Masahiro Taki

入社後、東京事務所にて監査業務(日本基準/IFRS)および株式公開(IPO)支援業務を担当。製造業、IT、バイオベンチャー、サービス業、ファンドなど、様々な業種の監査に従事。
入社当初よりリクルート業務に関与しているほか、近年では所属ユニットの人材育成を担当し、またFaculty Programに登録しトーマツ内の研修講師や、東京実務補習所の運営委員を担当するなど、社内外問わず後進育成にも力を入れている。


株式上場を目指す企業に対して、様々な助言や指導を行うのがIPO業務です。株式上場を目指す全ての企業が上場を果たせるわけではなく、特にここ数年は規制が厳しくなり上場のハードルはさらに高くなっていると感じています。このため、それぞれの企業が抱える課題を早期に可視化し、解決に導くことがとても重要になります。例えば、内部統制の整備、上場会社に求められる会計処理や心構え、連結財務諸表作成などを指導していきます。一般に公正妥当と認められる会計基準以外の独自の方法で会計処理をしている企業も多く、これまでの体制、業務の流れ、会計処理などを変えなければならない局面も多くあります。そのようなときは、第三者目線から助言できる専門家として、なぜそういった対応が必要となるのかを丁寧に説明し、全員が同じ方向を向けるよう働きかけをします。私が特に心掛けているのは、解決すべき課題を含め、上場までの全体像を早い段階でクライアントに伝えること。そうすることで、上場準備を効率的に進めることが可能になります。

IPO業務では、上場という目標に向かってクライアントと並走しながら取り組むことが求められます。だからこそ、幾多の困難を乗り越えて無事上場を果たしたときは格別な達成感が味わえます。また、上場後も引き続き監査を担当するので、上場をきっかけにさらに成長していく様子を間近に見られることも、IPO業務ならではのやりがいです。

同じように上場を目指していても、企業によって解決すべき課題や準備内容は異なるため、数字のデータや過去の事例をAIなどで分析するだけでは解決に導くことはできません。クライアントにしっかりと寄り添いつつ、より高度な判断ができるよう、ノウハウと実績を積み重ねていくことが私の目標です。

My Well-being

子どもたちや愛犬とキャンプでリフレッシュ

大自然の中に身を置き、広々とした場所で走り回り、虫捕りや水遊びをし、夕方には焚き火、夜には花火や星空を見たりしています。キャンプの良いところは、遊ぶ時間以外でもテントを張る、食事を作る、などやることが多く、1日の時間全てがキャンプのための時間になり、没頭できるということです。仕事のことを考えない、考える余裕がないからこそ、リフレッシュできる時間にもなっています。

滝 雅弘 my well being