先輩紹介

八木 裕美
八木 裕美

常に改善を意識し、より高品質な監査を目指すからこそ成長できる

第一事業部(東京事務所)
マネジャー
1999年入社

八木 裕美

Yumi Yagi

入社後、大阪事務所にて製造業の監査を中心に担当。
2015年より東京事務所に異動。
過去には出産や育児、配偶者の海外赴任帯同のために3度の休職、FWP制度(フレキシブル・ワーキング・プログラム)を利用した時短勤務で、仕事とライフイベントの両立を図ってきた。2019年マネジャー昇格。


私は、製造業を中心に30社近い企業の監査を担当してきましたが、ただ監査基準に沿うのではなく、企業の業務内容や収益構造、特徴などを十分に理解し、それに合わせた監査をすることが大切だと感じています。また、クライアントによって知識は大きく異なります。創業間もない会社の監査であれば決算書の作り方などの基本的なことを助言し、監査経験が豊富な大手クライアントであれば経営課題の改善やリスクの識別といった先々を見通したコミュニケーションを心掛けています。

同じ企業の監査を行う場合も、前年と同じ仕事を繰り返すのではなく、チームで話し合って課題を見つけてより高品質な監査ができるよう常に意識しており、チームが協力しながら前年を上まわる成果を出せたときは、大きな達成感とともに成長を実感できます。

昨年マネジャーになってから、監査におけるチームワークの重要性をさらに強く感じるようになりました。主査を中心にチームがまとまっていれば、難しい案件であっても気持ちよく仕事ができ、監査の品質も上がって翌年のモチベーションにもつながります。そのため、チームの雰囲気やメンバーの状態を常に把握し、楽しく仕事ができるよう心掛けています。

私は出産や育児、夫の海外赴任の同行のため3回にわたる休職、FWP制度を利用した時短勤務、15年間ずっとシニアスタッフとして仕事に取り組むことで、無理なくライフイベントと両立させてきました。トーマツは個々のライフステージやキャリアアップの意思を尊重し、希望するタイミングでチャンスを与えてくれる法人ですので、自分らしい働き方ができます。若い女性メンバーにとって、「こんな働き方もあるのか」と思ってもらえるようなロールモデルになれたら嬉しいです。

FWP制度については、こちらをご覧ください。

My Holiday

男の子3人のママとして奮闘

週末、長男(中3)と次男(小6)の野球の試合があるときは3歳の三男と一緒に応援に行っています。よく遊び、よく食べる男の子が3人なので洗濯、食事の準備はとても大変ですが、最近では長男がカレー、肉じゃがなどを作ってくれることもあり頼もしさを感じています。

八木 裕美 My Holiday