沿革

デロイト トーマツ グループの歩み
デロイト トーマツ グループの歩み【PDF/2.1MB】

2020.4 監査先企業の監査テクノロジー活用を促進するデバイス(Tohmatsu LINK)の導入を開始
2020.4 デロイト創立175周年
2020 人員 14,000名
2019.10 デロイト トーマツがLGBTへの取り組みを評価する「PRIDE指標」において最高位のゴールドを2年連続で受賞
2019.8 監査変革に関わる全てのプロジェクトを主幹・推進する「Audit Innovation部」を300名体制で編成
2019.7 イノベーション創発施設「Deloitte Greenhouse」がオープン
2019.3 「2019 J-Winダイバーシティ・アワード」において企業賞と個人賞を同時受賞
2018 丸の内二重橋オフィスをオープン

八重洲オフィス(2016年6月)
▲丸の内二重橋オフィス外観/丸の内二重橋オフィス

2018 人員 11,965名(設立50年)

50th

2017.4 デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社設立
2015.4 DT弁護士法人がデロイト トーマツ グループに参画
2014.4 デロイト トーマツ合同会社設立
2009.7 有限責任監査法人に移行し、法人名称を「有限責任監査法人トーマツ」に変更
2008 人員 6,841名(設立40年)
2007.8 みすず(監)から移籍(410名増)
2002.5 日本各地の提携税理士事務所を統合し、税理士法人トーマツ設立
※現デロイト トーマツ税理士法人
2001.6 デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーサービス(株)設立
※現デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(同)
1998 人員 2,829名(設立30年)
1997 国内事務所20カ所、海外拠点50都市達成
1993.4 トーマツコンサルティング(株)設立
※現デロイト トーマツ コンサルティング(同)
1990.2 (監)三田会計社と合併(100名増)
監査法人トーマツに名称変更
1989 デロイト・ハスキンズ&セルズとトウシュ・ロスの国際組織が合併、国際名称をデロイト ロス トーマツ インターナショナルに変更

2つの国際組織のCEOが来日 トーマツの会長(中央)とともに
▲2つの国際組織のCEOが来日
トーマツの会長(中央)とともに

1988 人員 1,153名(設立20年)
1986.10 (監)サンワ事務所と合併(300名増)
サンワ・等松青木監査法人に名称変更

1986年当時の受付の看板(東京)
▲1986年当時の受付の看板(東京)

1978 人員 628名(設立10年)
1975.5 トウシュ・ロス・インターナショナルに加盟
1972.11 ニューヨーク事務所を設立

当時ニューヨーク事務所があったロックフェラー・センター
▲当時ニューヨーク事務所があった
ロックフェラー・センター

1969.2 トウシュ・ロス サンフランシスコに第一号海外駐在員を派遣
1968 人員 72名
1968.5 初の全国規模の監査法人として誕生
等松・青木・津田・塚田・青木・宇野・月下部会計事務所設立

1968年5月 朝日新聞
▲1968年5月8日朝日新聞 承諾番号「20-1593」
朝日新聞社に無断で転載することを禁じる