トップメッセージ

國井 泰成

包括代表 國井 泰成 Taisei Kunii

1985年等松・青木監査法人(現 有限責任監査法人トーマツ)に入社し、監査業務に従事。
東京監査本部長、経営会議メンバー、東京監査事業部長を経て、2018年6月有限責任監査法人トーマツ 包括代表に就任。


多様性を尊重し、無限の機会と可能性をトーマツは提供します

様々なイノベーションが生まれ、目まぐるしく変化する社会の中で、今後、トーマツはどのような役割を果たし、そのために何を重視するのか。包括代表が未来を担う皆さんにメッセージを伝えます。

新たな価値を創造し続けるためには、人財が最も重要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、企業の事業活動や働き方も急速に変化し、社会のあらゆる面でデジタル化が一気に加速しています。このような著しい環境変化のもとで、「社会的な課題の解決に貢献」することが、これまで以上に監査法人に求められており、我々の大きな使命であると考えています。トーマツとしても、資本市場を始めとする様々なステークホルダーからのこのような期待に応え、選ばれる監査法人であり続ける必要があります。このためには我々自身も柔軟に変化し、新たな価値を創造していくことがこれまで以上に重要となってきます。これは簡単なことではありませんが、トーマツなら十分に成し得ると私は確信していますし、これが経済社会の健全な発展につながるものと考えています。

これまでトーマツでは、あらゆる企業に対して常に先進的な監査を実現するため、様々なIT Innovation投資を実施し、監査の変革を進めてきました。しかし、それ以上に注力し続けてきたのが人財に対する投資です。いかにテクノロジーが進化して環境が激変しようとも、中心にいるのは常に人であり、新たな価値を創造し続けることは人にしかできないからです。

例えば、人工知能(AI)は一定の条件やルールの中で答えを導き出すことはできます。しかし、どの領域をどのような条件で分析・活用するかを見極め、物事や数字の背後に存在する真実を想像力を持って読み取り、コミュニケーションを図りながら環境の変化を的確に理解し、課題を解決していくことは人にしかできない領域です。このため、レベルの高い指導力や提言力を発揮し、いかなる環境においても高品質でより価値の高い監査・保証業務を提供していくためには、人財の確保と育成が最も重要であることは皆さんにもご理解いただけると思います。

もちろん、こうした創造性を発揮するためには、他者に関心を持って背景にある人の行動や欲求を観察する、あるいは時代の変化や流れを感じ取るといった高い人間力が不可欠です。トーマツの監査現場では先端テクノロジーを積極活用して単純作業の比重を減らし、監査先とのコミュニケーションをより重視するなど、新たな取り組みや価値観を生み出す環境、組織づくりを進めています。こうした取り組みをさらに推進するうえでも、新しいものをより早く吸収し、感受性の高い若い人ならではの感性に大いに期待しています。

多様性を尊重するトーマツのDNAを強みに、総合力で高い価値を発揮

トーマツは、価値創造の源泉となる人間力を有する人財の育成を強く推し進めており、外部の環境変化、一人ひとりの成長やライフステージにも応じた豊富な機会を提供しています。加えて、環境が激変する中、皆がプロフェッショナルとして気持ちよく働ける場所、物理的な空間としての場所だけではなくバーチャルな空間を含めて快適な職場環境を追求することの重要性は、今後もさらに高まると考えています。また、変化が激しい時代だからこそ、ダイバーシティ&インクルージョン、つまり「人財」と思考の多様性、それぞれの立場を偏見なく尊重し合う職場環境が、新たなイノベーションをつくるうえでなによりも大切だと考えています。制度の充実などのハード面はもちろんですが、トーマツは創業以来、多様性を尊重するDNAが組織文化や社風として深く広く根づき、多様な人財が協力し合って価値を発揮してきました。それこそがトーマツの強さの礎になっています。

トーマツは、監査・保証業務はもちろん、リスクアドバイザリーを始めとした非監査業務においても公認会計士としての価値を高める多様な専門分野を有していますが、異なる強みを持った様々な専門家がお互いに補完し合うことで、関与先の期待を越えるサービスの提供が可能になると考えており、これについても風通しの良いトーマツの文化がこの基盤を支えています。

これからの監査法人は、直接的に監査・保証事業に従事する人財のみで完結しません。例えば、リスクアドバイザリー事業に所属する人財との協業など、グループが一体となった専門家集団として、より高品質な監査を行うことが求められる時代です。

そうした状況において、最新テクノロジーを活用したIT Innovationと多様な人財をうまく融合できるのがトーマツであり、デロイト トーマツ グループです。多様な人財と品質に支えられたイノベーションと価値創造により社会的な課題の解決に貢献することで、日本の未来に新たな価値を提供し、ステークホルダーから選ばれる監査法人であり続けたいと考えています。そして、皆さんには、トーマツが無限の機会と可能性に溢れた環境を提供できると確信しています。ぜひトーマツの一員として才能を開花させてください。