先輩紹介

専門家として公的機関の課題解決や事業の発展をサポート

パブリックセクター・ヘルスケア事業部(東京事務所)
マネジャー
2014年入社

大橋 周作

Shusaku Ohashi

2014年に入社し、上場企業の監査のほか、パブリックセクター領域の幅広い業務を手掛け、総務省に出向。現在は独立行政法人の監査・地方公共団体の内部統制構築支援などに携わる。日本公認会計士協会の専門委員も担当し、制度設計にも取り組む。


早くからアドバイザリー業務に関わり、経験を積む

パブリックセクター・ヘルスケア事業部は、公的機関の監査と同時にアドバイザリー業務の比率も高く、特に地方公会計や公営企業会計の指導・助言といった地方公共団体関連のアドバイザリー業務においてはトーマツが圧倒的なシェアを有しています。そのため、早いうちから会計監査を基盤としつつ、アドバイザリー業務に関わることが可能です。また、全国一体運営により、各地域の課題解決事例などのナレッジを共有する強固な連携体制が確立されており、全国に拠点がある関与先へのサービス提供にも効果的に対応しています。一方で、地域に特化した組織や団体にも業務を実施しており、自身が生まれ育った地域の公的機関を担当している公認会計士もたくさんいます。いずれの場合も、その領域における幅広い知見を有する専門家として関与先に寄り添い、課題解決や事業の発展をお手伝いできるという社会貢献度の高さが、パブリックセクター・ヘルスケア領域の大きな魅力であり、やりがいになっています。

専門委員や講師として活躍するメンバーが多数

特定の領域で長く経験を積み、専門委員や講師として活躍をしているメンバーが多いことも当事業部の特徴です。私自身、総務省出向で培った知見を生かし、現在、独立行政法人の会計監査のほか、地方公共団体の包括外部監査や内部統制構築のアドバイザリー、日本公認会計士協会公会計委員会の専門委員、各種研修講師を担当し、新制度の設計などにも取り組んでいます。来年度からはさらに大規模な関与先を担当する予定であり、知見をさらに広げ、若手にもパブリックの面白さを伝えていきたいです。

My Well-being

週末は家族で公園やショッピングモールに行くことが多く、楽しく遊ぶ子どもの笑顔にとても癒されています。近ごろは子どもの好奇心が旺盛になってきており、指さすものが何かを教えるのが私の日課になっています。