先輩紹介

グローバルな監査経験をもとに、AIで監査をイノベーションする

監査・保証事業本部Audit Innovation(東京事務所)
シニアマネジャー
2007年入社

町野 浩司

Koji Machino

2007年に入社後、現:金融事業部NSAで、国内大手金融機関や製造業の監査に関与。
2012年からタレントセレクト※1(海外研修生制度)で英国ロンドン事務所に赴任し、現地大手金融機関の監査およびアドバイザリー業務に従事。帰任後は、国内大手金融機関や外資系金融機関の監査に主査として関与。
2019年に現部署に公募異動後、AI(人工知能)を利用した監査ツール※2の開発・品質管理や海外のメンバーファームとの協働をリードしている。


監査では、検証した内容を監査調書に詳細に文書化することが求められます。毎年変化する基準などの要請に対して、テクノロジーの力を使って検証と調書化を強力に支援することでトーマツが提供する監査業務の品質向上と効率化に貢献したいと考え、現在の部署に公募異動しました。

監査現場で業務を行っていた際、働き方改革が実行できたこともあり、主査の業務と並行して公認情報システム監査人(CISA)の資格を取得しました。監査でシステムを検証する際に役立っただけでなく、システム開発に必要なテクノロジーの理解を深めることができ、Audit Innovationでの活動に生かすことにもつながっています。

現在は、AIを利用した監査ツールの開発やAI・デジタル領域における海外のメンバーファームとの連携をリードし、先進テクノロジーをいち早く安心安全に取り入れながら「社会の期待を超える高品質で高付加価値な監査」を創出することに挑戦し続けています。また、国内4監査法人共同で設立した「会計監査確認センター合同会社」に部分出向し、残高確認のオンラインサービス「Balance Gateway®※3」の企画・運営を担っており、社会に影響を与えるインフラを支えているという責任とやりがいを、日々感じています。

※1 タレントセレクトについては、こちらをご覧ください。
※2 自然言語処理AIを用いた監査ツールについては、こちらをご覧ください
※3 Balance Gateway®は、会計監査確認センター合同会社の登録商標です。有限責任監査法人トーマツは、Balance Gateway®の知的財産権を会計監査確認センターに譲渡しました。

My Well-being

お世話になったホストファミリーと、家族ぐるみのお付き合い

学生時代にホームステイでお世話になったロサンゼルスのホストファミリーとは、現在も親密な交流が続いています。写真は来日した際に、リクエストに応えて日光に湯葉を食べに行ったときのものです。夏休みに家族で1週間滞在させてもらうのが毎年の恒例行事でした。最近になって訪問を再開しています。

町野 浩司 My Holiday